News & Topics

記事詳細ページ

薬学部 東京医科大学との専門職連携教育を実施します

2016年10月12日
2016年9月21日、28日、10月5日、12日、19日の5日間、本学薬学部と東京医科大学医学科および看護学科による専門職連携教育 (Interprofessional Education : IPE)を実施します。

IPEの目的は、「それぞれの医療専門職を目指す学生が、協働によりケアの質を改善するために、共に学び、互いから学び合い、互いを知り、尊敬しあう」ことにあります。

今回のIPEでは、本学薬学部2・3年生(97名)が、東京医科大学医学科1年生(125名)および看護学科2年生(93名)と3科混合チームを作り、薬学部・医学科・看護科教員によって用意された4つの課題に取組みます。
9月21日には、東京医科大学の鈴木学長と本学笹津学長の参加のもと、3科合同オリエンテーションを東京医科大学臨床講堂において実施しました。

9月28日および10月5日に本学で実施した症例対応ディスカッションでは、「医療者間での観点の違い」について薬学・医学・看護の学生が1つのテーブルを囲み活発な意見交換を行い、互いの職種の専門性についての理解を深めました。

改定薬学教育モデル・コアカリキュラムには、薬剤師に求められる「10の資質」の1つとして「チーム医療への参画」が掲げられています。

本学では、今回のIPEの取組みをチーム医療に参画し得る薬剤師輩出に繋がる新しい教育体制と位置づけ、継続的に実施する予定です。

2016101201 オリエンテーションで挨拶する 東京医科大学鈴木学長
2016101202 オリエンテーションで挨拶する 本学笹津学長
 
 

2016101203 3科合同の症例対応ディスカッション
2016101204 医療チームとして模擬患者へ退院指導