日本最大級の環境展示会「エコプロ2016」に出展いたします

2016年11月27日

展示に関する最新情報はエコプロダクツブログをご覧ください


20161125_プレスリリース配信


2016年12月8日(木)から10日(土)に東京ビッグサイトで開催される「エコプロ2016(主催:産業環境管理協会、日本経済新聞社)」に出展いたします。展示ブースでは、微細藻類〔びさいそうるい〕からエネルギーを生み出す研究や学内の環境活動についてパネル展示を通じて紹介します。


20151



 ブースの見どころ


◆教職員・学生が主体となって行う環境活動(東京薬科大学:E-77

キャンパスにおける環境活動は、本学独自の環境経営システムを策定し、役員・教職員・学生・常駐業者が一体となって実施しています。薬用植物園の公開講座や、新入生に対するプレゼンテーションなどを実施し、学生も環境問題について理解できるよう工夫しています。
ppt1

pdca


◆微細藻類の特性開発とバイオマス生産技術開発(生命科学部環境応答植物学研究室:E-76)

水界の光合成微生物(微細藻類等)は複雑な進化によって多様になりました。その中で、育ちの早い種や油を貯めるクロレラは、育ちが速く、乾燥などのストレスで油を貯めることが分かっています。そのクロレラを大量に培養して、産業界で役立たせるためのバイオマス生産技術開発に関する展示を行います。

image

◆大学連携スタンプラリー

本学など合計7大学が連携して、「大学ブーススタンプラリー」を開催いたします。これは、来場者にお互いの大学での研究活動や環境教育・研究活動の認知度向上に行う取り組みです。本学以外にも、工学院大学・公立鳥取環境大学・千葉大学・信州大学・中部大学・岩手大学でのブース企画に参加するとスタンプが押されます。参加者には、参加賞をプレゼントいたします。

stamp

前回の様子


昨年12月のエコプロダクツ2015において、「田んぼと微生物の研究」と題して、生命エネルギー工学研究室による展示を行ったほか、本学など全国の大学が加盟する私立大学環境保全協議会も出展し、大学の環境活動についてPR活動を行いました。
zenkai0011

zenkai0021


 

開催概要













































名称 エコプロ2016 ~ 環境とエネルギーの未来展[第18回]
会期 2016年12月8日(木)~10日(土) 10:00~18:00 [10日(土)は17:00まで]
会場 東京ビッグサイト[東ホール]
主催 (一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社
後援 内閣府、経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、厚生労働省、消費者庁、(一社)日本経済団体連合会、(公社)経済同友会、日本商工会議所、東京商工会議所、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本貿易振興機構(ジェトロ)、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、埼玉県教育委員会、神奈川県教育委員会、千葉県教育委員会(順不同)
協力 (公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会、グリーン購入ネットワーク、(公財)日本環境協会、全国連合小学校長会、日本私立小学校 連合会、全日本中学校長会、全国高等学校長協会、全国国立大学附属学校連盟、全国小中学校環境教育研究会、私立大学環境保全協議会、(公社)全国工業高等 学校長協会、全国商業高等学校長協会、全国農業高等学校長協会、(一社)情報通信技術委員会、(公財)日本適合性認定協会(順不同)
メディア協力 日経BP環境経営フォーラム、日経エコロジー、ecomom、教育新聞、日本教育新聞(順不同)
入場料 無料(登録制
出展規模 700社・団体/1,500小間
来場者数 175,000人(見込み)

 

参考リンク



本件に関するお問い合わせ


東京薬科大学 総務部管財課(月~金 8:45~17:00、祝日は除く)
TEL:042-676-5111
Email:メールによるお問い合わせ
※お問い合わせ先を「代表(受付)」にしてお問い合わせください。