News & Topics

記事詳細ページ

生命科学部1年生の学生提案が実現(八王子・銭湯展覧会)

2019年2月14日
銭湯展覧会


 

 




本学生命科学部では、1年次の授業で産学官連携PBL授業(課題解決型グループワーク)に取り組んでいます。
この授業は、企業や地方公共団体で実際に起こっている課題に対して、学生達がフィールドワークやインタビューを通じ、その解決策をグループで検討・提案していくものです。

今回、「銭湯の活性化」という八王子市の課題に対し学生グループが、小学生に銭湯に関心を持ってもらうことを目的として「銭湯展覧会」を八王子市に提案しました。
授業終了後に八王子浴場組合様にご賛同頂き、八王子市の協力のもと「銭湯展覧会」を実現することができました。

学生グループ代表の宮﨑裕貴(生命科学部・生命医科学科1年)
「この実現までには、多くの小学校へ足を運んで意見を集めたり、多くの方々にご協力を頂きました。
時には厳しい意見も頂くこともあり、くじけそうに何度もなりました。
ただ、グループのメンバーと一緒に取り組んだからこそ、その困難を乗り越えられたと思います。
また、多大なるご協力を頂きました八王子市役所、八王子浴場組合の方々に感謝申し上げます。」

産学官連携PBL授業では、八王子市のみならず、化粧品メーカーや発酵食品メーカーなどの課題検討も行ないました。
2019年度は飲料メーカーや冷凍食品メーカーの課題検討も新たに行う予定としています。


※産経新聞2/14朝刊(多摩版)に「銭湯展覧会」が掲載されました。産経デジタルにも掲載されています。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/e3-80-8c-e9-8a-ad-e6-b9-af-e5-b1-95-e8-a6-a7-e4-bc-9a-e3-80-8d-e5-b0-8f-e5-ad-a6-e7-94-9f-e3-81-ae-e7-b5-b5-e3-81-a7-e6-9d-b1-e4-ba-ac-e8-96-ac-e7-a7-91-e5-a4-a7-e7-94-9f-e3-81-8c-e4-bc-81-e7-94-bb/ar-BBTyBfB