生命科学部

生命科学とは

生命科学は生命現象を解き明かし、応用する最新の学問です

 生命科学は「生命とは何か?」「生命現象の不思議」について分子レベルで解明し、その応用を拓いていく学問です。以前は生命科学関連の学問は理学部・農学部・工学部・薬学部・医学部などの各学部に分散していました。これらを体系的に学ぶため、本学は日本で最初の生命科学部を1994年に設立しました。 2003年にヒトゲノム計画が完了し、この数年の医療や産業分野における生命科学の発展は目覚ましいものがあります。わずか1年前の研究成果や知識が古くなってしまうこともまれではありません。その傾向は病気の診断や治療の技術など、医学に関連する領域においては特に顕著です。生命科学の知識や技術の進歩は今後ますます加速していくと予想されます。生命科学は今一番注目されている学問領域なのです。

基礎から医療、生物利用を網羅した生命科学部

日進月歩の生命科学の領域。このような状況に対応していくために、本学部では分子生命科学科で育んできた医科学領域を強化し、2013年度から生命医科学科として独立させ、3学科制を導入しました。さらに従来の環境ゲノム学科は、より生物応用を指向した学科に進化し、応用生命科学科と改称しました。

次の世代をリードする人材の育成

本学の教育理念には、「研究者・ハイレベルな技術者を育成する」という目的があります。生命科学部は研究者・技術者の育成を教育理念に掲げる学部です。生命科学の分子レベルでの研究者に加えて、これからは基礎医科学の研究者とその最新情報を伝える人材、生命と環境の関係について詳しい知識と技術を有する人材の育成をしていきます。