薬学部

3学科紹介

本学薬学部では、特定の分野に偏らず多様な領域をオールラウンドに学ぶ目的から、4年次に進級する時点で希望の学科を選択する方式を採っています。各自が真に興味のある分野に重点を置いた学習をしながら、薬剤師を目指せるという、理想の薬学教育をそれぞれの学科で実現しています。なお、国家試験を受験するにあたって学科・研究室による有利・不利はありません。

臨床で活躍する薬剤師を目指す 医療薬学科 臨床で活躍する薬剤師を目指す 医療薬学科

 医療法の改正により薬剤師が医療の担い手として位置づけられたことを踏まえ、医療従事者としての高度な薬剤師職能教育を施します。薬学の広範な基礎知識とともに、医療現場で求められる知識と技能、患者さんや医療チームメンバーに対する適切な態度を身につけた薬剤師および研究者の育成に重点を置きます。

医療薬学科 特論・演習 医療薬学科 特論・演習

特論
■ 臨床で活躍する薬剤師を目指して
■ 医薬品開発と臨床試験
演習
■ 臨床で活躍する薬剤師を目指して
■ 医薬品開発と臨床試験

学科独自の授業 学科独自の授業

臨床で活躍する薬剤師を目指して
専門分野で、高度な薬の知識を活かした薬物療法の担い手となれる薬剤師が、社会で求められています。このような薬剤師を育てるために、臨床医や専門薬剤師などの外来講師を招き、医療現場の生の声を伝える講義を行います。

医薬品開発と臨床試験
薬の開発行程を知ることは、臨床の現場で活躍できる薬剤師になるためにはとても重要です。本講義では、臨床で活躍されている薬剤師や製薬企業の方々の生の声を聞きながら、実践的な医薬品の開発と臨床試験について学びます。

創薬科学に貢献できる人材へ 医療薬物薬学科 創薬科学に貢献できる人材へ 医療薬物薬学科

 薬の創製を取り巻く科学と技術の進展に合わせ、疾病の予防、診断、治療のために必須の創薬研究に挑戦できる人材の育成に重点を置きます。既存の薬学の基礎および専門教育にとどまらず、薬の創製に関連する専門領域の教育も幅広く行い、この分野の社会的なニーズに応じられる能力を育てます。

医療薬物薬学科 特論・演習 医療薬物薬学科 特論・演習

特論
■ 創薬概論
■ データ解析集中講座
演習
■ 医薬品創製と基礎(物理系・化学系)
■ 医薬品創製と基礎(生物系・医療薬学系)

学科独自の授業 学科独自の授業

データ解析集中講座
医薬品開発での候補化合物の薬理学的評価、治験から申請までの臨床開発および審査・承認後の臨床使用調査で収集された情報をデータとして整理・解析するための基礎的な理解を目的としています。

創薬概論
急速な進展を遂げている創薬科学について、有機化学、分析化学、生化学、天然物化学、薬剤学及び薬理学などそれぞれの教員の専門研究分野を中心に、教科書には記載されていない最先端の研究分野と創薬の関係について学びます。

多様な医療知識を身につけた薬剤師へ 医療衛生薬学科 多様な医療知識を身につけた薬剤師へ 医療衛生薬学科

 社会の高齢化や慢性・難治性疾患の増加に伴い、疾病の予防にも積極的に貢献できる薬剤師が求められています。こうした社会の期待に応えるべく、健康・環境科学、老年期医療、再生医療、予防医療などに関して卓越した知識・技能・態度を身に付けた薬剤師および研究者の育成に重点を置きます。

医療衛生薬学科 特論・演習 医療衛生薬学科 特論・演習

特論
■ 先端香粧品科学
■ 薬剤師の職能と自己将来展望
演習
■ セルフメディケーション:薬剤師の関わり方
■ 臨床応用薬学への課題研究チュートリアル

学科独自の授業 学科独自の授業

薬剤師の職能と自己将来展望
薬学6年制の中間点で学生が、いま一度自己分析をしたうえで、研究・医療・保健・衛生・行政・食品・香粧品などの分野をさらに理解し、将来展望を考え進路活動プランを立案します。

セルフメディケーション:薬剤師の関わり
薬局における薬剤師の適切な関わり方を習得するために、疾患の原因や薬のメカニズムの理解、症例検討、患者さんへの説明、漢方薬、家庭での簡易計測の方法などを習得します。