薬学部

薬学部の学習概要

薬学の全領域を系統的に理解できる理想的なカリキュラム

多様化する医療ニーズに応えられる広い視野と薬学人にふさわしい豊かな人間性を身につけることを重視しています。6年制学習プログラムでは、1~3年次にわたって薬に関する「サイエンス」を基礎から体系的に勉強します。また、薬が実際に使われる患者さんの心理や薬学を取り巻く社会、薬剤師としての態度などについても勉強します。さらに、実習を通してサイエンスについての知識と技術を高めます。高学年では、これらの知識・技能・態度を、演習や実際の医療現場での実習を通じて統合し、医療に応用すべく「薬学」という学問を身につけます。また、修士課程と同レベルの卒論研究を通じて、問題解決能力を磨き、専門性を身につけます。本学の学習プログラムは、「薬を創る薬剤師」、「薬を使い育てる薬剤師」として社会に貢献できるように、工夫しています。

年次ごとの特徴的な学び

1年次

薬学全般の概要を把握し、薬学の土台となる化学や生物学の基礎を、実学中心に固めていく。

例えばこんな学び
  • 薬学入門
  • 薬学入門演習Ⅰ・Ⅱ
  • 有機化学Ⅰ・Ⅱ
  • ゼミナール

2年次

1年次からの自然科学系統の学びを深めつつ、薬を物質として理解するための基礎的な知識を磨く。

例えばこんな学び
  • 薬の効き方(薬理学)
  • 医療心理
  • 薬学基礎演習

3年次

物質としての薬から医薬品としての薬を学ぶため、人体のしくみや疾病のメカニズムを理解する。

例えばこんな学び

<医療薬学科>

  • 病理組織学
  • 薬局管理学

<医療薬物薬学科>

  • 反応有機化学
  • 構造有機化学

<医療衛生薬学科>

  • 細胞工学
  • 東洋医学概論

4年次

病院・薬局での実務実習に備えて、学内の実習施設で実践的な薬剤師の知識・技術・態度を学修する。

  • 事前実務実習

5年次

病院・薬局という実際の医療現場で実践的な薬物治療を学ぶ。

  • 病院・薬局実習

6年次

充実の5・6年次卒論研究・講義プログラム。6年間の集大成。

  • 卒論研究・講義
  • アドバンス演習