伊藤 晴香

生命科学部 応用生命科学科 1年(取材当時)

私立田園調布学園高等部 出身

グループワーク授業を通じてマルコメの新商品を提案。

マルコメの麹を生かした新商品を開発したい。

生命科学部には課題解決型PBL授業(1年次必修「生命科学と社会」)があります。
この授業は、実際の企業から課題やテーマを頂き6人1グループでその改善策や新商品を企画・提案する授業です。私たちのグループはマルコメ株式会社様から与えられた「麹を中心とした日本の発酵の素晴らしさを伝えられる商品の開発」という課題に対して、グループメンバー皆で新商品のアイデアを考えました。授業では一次提案と最終提案の2回の提案機会があり、私たちは提案にあたり必ず裏付ける根拠を用意してプレゼンテーションに挑むことを心掛けました。

アイデアと科学的根拠。この難問にチームで挑む。

私はこの授業で、自分たちの出した案に客観的な立場に立って根拠をつけることの大切さを学びました。そして自分のアイデアに対して科学的な裏付けや根拠を用意するのはあまりにも難しかったため、その部分に多くの時間と労力を費やしました。それに比例してパワーポイントの量が増え、限られた発表時間に収めるに苦労しました。
また、皆で協力して行うことの大切さを学びました。皆で分担すると作業効率が上がり、また皆で意見を出し合うことで、自分とは違った角度からの意見を聞くことができ、とても刺激になりました。

社会人スキルとチームワークを将来へ活かす。

この授業で社会人になるための必要なスキルを学ぶことができました。大学卒業後、会社で企画提案する際には、客観的な立場に立って物事を考えることを意識していきたいです。また仕事する際には他人と助け合い、チームワークを大切にして仕事に臨みたいと思います。