研究室・教員一覧 松下 暢子准教授

研究者名
松下 暢子(マツシタノブコ)
所属
生命科学部 生命医科学科 分子生化学研究室
職位 / 学位
准教授 / 博士(医学)
研究課題
ゲノムはどのように守られているのか。
キーワード
DNA損傷修復 、 染色体 、 ゲノム不安定性

メッセージ

DNAには私達の全てをきめる遺伝情報が書き込まれていますが、実は取り巻く環境により常に傷つけられており、老化やがんの原因になっています。損傷を受けたDNAをどのように修復するかを解明することにより、癌の治療薬の開発につながることを期待しています。

経歴

2011年~現在 東京薬科大学 准教授
2006年~2011年 東京薬科大学 講師
2000年~2006年 川崎医科大学 助手

研究業績(論文)

  • Nagashima S, Takeda K, Ohno N, Ishido S, Aoki M, Saitoh Y, Takada T, Tokuyama T, Sugiura A, Fukuda T, Matsushita N, Inatome R, Yanagi S. MITOL deletion in the brain impairs mitochondrial structure and ER tethering leading to oxidative stress. Life science alliance. 2019. 2. 4
  • Takeda K, Nagashima S, Shiiba I, Uda A, Tokuyama T, Ito N, Fukuda T, Matsushita N, Ishido S, Iwawaki T, Uehara T, Inatome R, Yanagi S. MITOL prevents ER stress-induced apoptosis by IRE1α ubiquitylation at ER-mitochondria contact sites. The EMBO journal. 2019. 38. 15. e100999
  • Muhammad K, Rudolf R, Pham DAT, Klein-Hessling S, Takata K, Matsushita N, Ellenrieder V, Kondo E, Serfling E. Induction of Short NFATc1/αA Isoform Interferes with Peripheral B Cell Differentiation. Frontiers in immunology. 2018. 9. 32
  • Matsushita N, Suzuki M, Ikebe E, Nagashima S, Inatome R, Asano K, Tanaka M, Matsushita M, Kondo E, Iha H, Yanagi S. Regulation of B cell differentiation by the ubiquitin-binding protein TAX1BP1. Scientific reports. 2016. 6. 31266
  • Huang Y, Leung JW, Lowery M, Matsushita N, Wang Y, Shen X, Huong D, Takata M, Chen J, Li L. Modularized functions of the Fanconi anemia core complex. Cell reports. 2014. 7. 6. 1849-1857