研究室・教員一覧 林 嘉宏准教授

研究者名
林 嘉宏(ハヤシ ヨシヒロ)
所属
生命科学部 生命医科学科 腫瘍医科学研究室
職位 / 学位
准教授 / 博士(医学)
研究課題
難治性血液がんの病態発症メカニズムの解明と新規治療標的の探索

メッセージ

私は、これまで血液内科医として多くの患者さんの診療に携わると共に、国内外にて白血病や骨髄異形成症候群をはじめとした血液がんの病態解明研究に取り組んできました。これらの経験を基に、生命医科学分野での活躍を目指す学生さんたちと一緒にさらなる医科学の発展に貢献していきたいと考えています。

経歴

2020年04月~現在 東京薬科大学 生命科学部 生命医科学科 腫瘍医科学研究室 准教授
2017年04月~2020年3月 東京薬科大学 生命科学部 生命医科学科 腫瘍医科学研究室 講師
2013年09月~2017年03月 シンシナティ小児病院医療センター 実験血液学腫瘍生物学部門 博士研究員
2013年04月~2013年08月 済生会滋賀県病院 血液内科 医長
2010年04月~2013年03月 京都大学医学部 輸血細胞治療部 特別研究学生
2009年04月~2010年03月 彦根市立病院 血液内科 専攻医
2007年04月~2009年03月 滋賀医科大学 消化器血液内科 医員
2005年04月~2007年03月 滋賀医科大学医学部附属病院 初期研修医

研究業績(論文)

  • Rare Neurologic Disease-Associated Mutations of AIMP1 are Related with Inhibitory Neuronal Differentiation Which is Reversed by Ibuprofen. Yu Takeuchi, Marina Tanaka, Nanako Okura, Yasuyuki Fukui, Ko Noguchi, Yoshihiro Hayashi, Tomohiro Torii, Hiroaki Ooizumi, Katsuya Ohbuchi, Kazushige Mizoguchi, Yuki Miyamoto, Junji Yamauchi Medicines (Basel, Switzerland) 7(5) 2020年5月6日
  • Gene Rearrangements of MLL and RUNX1 Sporadically Occur in Normal CD34+ Cells Under Cytokine Stimulation Yuka Harada, Naoki Shingai, Ye Ding, Daichi Sadato, Yoshihiro Hayashi, Masaki Yamaguchi, Yoshiki Okuyama, Tatsu Shimoyama, Kazuteru Ohashi, Hironori Harada Cancer Science 2020年3月25日
  • SETD2 mutations confer chemoresistance in acute myeloid leukemia partly through altered cell cycle checkpoints. Dong Y, Zhao X, Feng X, Zhou Y, Yan X, Zhang Y, Bu J, Zhan D, Hayashi Y, Zhang Y, Xu Z, Huang R, Wang J, Zhao T, Xiao Z, Ju Z, Andreassen PR, Wang QF, Chen W, Huang G Leukemia 2019年4月
  • NUP98-HBO1–fusion generates phenotypically and genetically relevant chronic myelomonocytic leukemia pathogenesis Hayashi Y, Harada Y, Kagiyama Y, Nishikawa S, Ding Y, Imagawa J, Shingai N, Kato N, Kitaura J, Hokaiwado S, Maemoto Y, Ito A, Matsui H, Kitabayashi I, Iwama A, Komatsu N, Kitamura T, Harada H Blood Advances 3(7) 1047 - 1060 2019年4月
  • Hypoxia/pseudohypoxia-mediated activation of hypoxia-inducible factor-1α in cancer. Hayashi Y, Yokota A, Harada H, Huang G Cancer science 2019年3月

受賞歴

2018年10月~ 日本白血病研究基金 公益信託日本白血病研究基金助成事業・一般研究賞
2017年05月~ International Symposium on Myelodysplastic Syndromes Tito Bastianello Young Investigator Award
2016年12月~ American Society of Hematology Abstract Achievement Award
2015年12月~ American Society of Hematology Abstract Achievement Award
2014年12月~ American Society of Hematology Abstract Achievement Award
2014年08月~ International Society for Experimental Hematology Christa Muller-Sieburg Award
2013年03月~ Shiga University of Medical Science 滋賀医科大学学長賞
2012年12月~ American Society of Hematology Abstract Achievement Award

所属学会

The American Society of Hematology , 日本がん分子標的治療学会 , 日本癌学会 , 日本血液学会 , 日本内科学会