研究室・教員一覧 野水 基義教授

研究者名
野水 基義(ノミズ モトヨシ)
所属
薬学部 医療薬物薬学科 病態生化学教室
職位 / 学位
教授
研究課題
ペプチド科学を基盤とする細胞接着研究

メッセージ

色々な研究をとおして薬学を学びましょう。

学歴

1984年~1985年 京都大学大学院薬学研究科博士後期課程 中退
1982年~1984年 京都大学大学院薬学研究科博士前期課程
1978年~1982年 東京薬科大学 薬学部

経歴

2004年04月~現在 東京薬科大学 薬学部 教授
1999年11月~2004年03月 北海道大学 地球環境科学研究科 助教授
1998年08月~1999年11月 カナダ国立研究所、バイオテクノロジー研究所 主任研究員 (Research Officer)
1993年07月~1998年07月 米国国立保健衛生研究所、国立歯科学研究所、発生生物学部門 客員上級研究員 (Visiting Associate)
1989年07月~1993年06月 米国国立保健衛生研究所、国立癌研究所、医薬品化学部門 博士研究員 (Visiting Fellow)
1988年07月~ 薬学博士(京都大学)
1985年04月~1989年06月 キリンビール(株) 研究員
1984年04月~1985年03月 京都大学大学院薬学研究科博士後期課程 中退
1982年04月~1984年03月 京都大学大学院薬学研究科博士前期課程
1978年04月~1982年03月 東京薬科大学 薬学部

研究業績(論文)

  • Hamano Nobuhito, Kamoshida Sho, Kikkawa Yamato, Yano Yusuke, Kobayashi Tomomi, Endo-Takahashi Yoko, Suzuki Ryo, Maruyama Kazuo, Ito Yuji, Nomizu Motoyoshi, Negishi Yoichi. Development of Antibody-Modified Nanobubbles Using Fc-Region-Binding Polypeptides for Ultrasound Imaging. PHARMACEUTICS. 2019. 11. 6
  • Hozumi Kentaro, Teranishi Yui, Enomoto Sayaka, Katagiri Fumihiko, Kikkawa Yamato, Nomizu Motoyoshi. Identification of specific integrin cross-talk for dermal fibroblast cell adhesion using a mixed peptide-chitosan matrix. JOURNAL OF BIOMATERIALS APPLICATIONS. 2019. 33. 7. 893-902
  • Katagiri Fumihiko, Fukasawa Yuka, Kumai Jun, Hozumi Kentaro, Kikkawa Yamato, Nomizu Motoyoshi, Yamada Yasuhiko. Amino acid sequence requirements of laminin alpha 2 chain peptide A2G80 (VQLRNGFPYFSY) for alpha-dystroglycan binding. JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE. 2018. 24. S130-S131
  • Hozumi Kentaro, Nomizu Motoyoshi. Mixed Peptide-Conjugated Chitosan Matrices as Multi-Receptor Targeted Cell-Adhesive Scaffolds. INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES. 2018. 19. 9
  • Negishi Yoichi, Hamano Nobuhito, Sato Hinako, Katagiri Fumihiko, Takatori Kyohei, Endo-Takahashi Yoko, Kikkawa Yamato, Nomizu Motoyoshi. Development of a Screening System for Targeting Carriers Using Peptide-Modified Liposomes and Tissue Sections. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN. 2018. 41. 7. 1107-1111

研究業績(著書)

  • ラミニンの細胞特異的な機能部位の同定と作用メカニズムの解明
    [野水基義] 2006

受賞歴

2019年08月
日本ペプチド学会 日本ペプチド学会賞
1998年03月 日本薬学会奨励賞

 

所属学会

日本生化学会 , 高分子学会 , 日本ペプチド学会 , 日本結合組織学会 , 日本薬学会