研究室・教員一覧 畝﨑 榮教授

研究者名
畝﨑 榮(ウネザキ サカエ)
所属
薬学部 医療薬学科 医療実務薬学教室
職位 / 学位
教授 / 博士(薬学)
研究課題
薬物治療の最適化を目標に、医薬品の適正使用及び有効性、安全性向上に関する研究を行なっている。
キーワード
化学療法 、 癌 、 薬物療法

メッセージ

「Medicine is a SCIENCE of uncertainty and an ART of probability (William Osler)」。医療人として必要となる人間力(ART)と科学力(SCIENCE)を本学で一緒に磨きましょう。

学歴

1981年~現在 東京薬科大学 薬学部 卒業

経歴

2005年06月~現在 東京薬科大学
1981年04月~2005年05月 東京医科大学病院

研究業績(論文)

  • Ito I, Ito A, Unezaki S. Preparation and evaluation of water-absorbing swollen mini-tablet aimed at improving ingestion. J Drug Deliv Sci Technol. 2019. 50. 201-207
  • Ito I, Ito A, Unezaki S. Investigation of Oral Preparation That Is Expected to Improve Medication Administration: Preparation and Evaluation of Oral Gelling Tablet Using Sodium Alginate. Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan. 2017. 137. 8. 969-977
  • Nanri K, Okuma M, Sato S, Yoneda M, Taguchi T, Mitoma H, Yamada J, Unezaki S, Nagatani T, Otsubo S, Sugawara M, Tanaka N, Mizusawa H. Prevalence of Autoantibodies and the Efficacy of Immunotherapy for Autoimmune Cerebellar Ataxia. Intern Med. 2016. 55. 5. 449-454
  • Ito I, Ito A, Unezaki S. Preparation of an oral acetaminophen film that is expected to improve medication administration: Effect of polyvinylpyrrolidone on physical properties of the film. Drug discoveries & therapeutics. 2016. 10. 3. 156-162
  • Ito I, Ito A, Unezaki S. Preparation and evaluation of gelling granules to improve oral administration. Drug discoveries & therapeutics. 2015. 9. 3. 213-220

研究業績(著書)

  • 正しい薬物療法のために「病態生理と薬効薬理から処方せんを見る」パーキンソン病
  • チーム医療 薬剤師の果たすべき専門性
  • スタンダード薬学シリーズ11,病院・薬局実務実習I,病院・薬局に共通な薬剤師業務
  • 図解入門メディカルワークシリーズ よくわかる服薬指導の基本と要点
  • 実務実習事前学習のための調剤学

受賞歴

2018年12月 八王子産学公連携機構 研究奨励賞

所属学会

東京医科大学医学会 , 日本癌治療学会 , 日本医療薬学会 , 日本薬剤学会 , 日本薬学会