研究室・教員一覧 国分 秀也准教授

研究者名
国分 秀也(コクブン ヒデヤ)
所属
薬学部 医療薬学科 薬学実務実習教育センター
職位 / 学位
准教授 / 博士(薬学)
研究課題
がん疼痛治療薬における医療薬学的研究
キーワード
がん緩和ケア 、 癌 、 薬物動態 、 オピオイド

メッセージ

患者様に最適な薬物治療を行える薬剤師を目指し、臨床薬学教育を行っています。一緒にがんばりましょう。

学歴

1988 - 1992 東京薬科大学

経歴

2017/04 - 現在 東京薬科大学 薬学部 准教授
2015/10 - 2017/03 北里大学病院 医療支援部 医療の質・安全推進室 課長補佐
2014/04 - 2015/09 北里大学病院 薬剤部 課長補佐
2005/04 - 2014/03 北里大学病院 薬剤部 係長
2000/04 - 2005/03 北里大学病院 薬剤部 主任
1992/04 - 2000/03 北里大学病院 薬剤部

研究業績(論文)

  • がん疼痛患者におけるメサドンの使用法に関する文献的考察 国分秀也, 中澤慧州, 龍恵美, 的場元弘 日本緩和医療薬学会誌 13 57 - 68 2020年9月
  • Population Pharmacokinetics of Methadone after Oral Administration in Japanese Patients with Cancer-Related Pain Hideya Kokubun, Chizuko Takigawa, Satomi Chihara, Satoshi Hara, Yasuhito Uezono Journal of Pain & Palliative Care Pharmacotherapy 1 - 8 2020年9月1日
  • Pharmacokinetic Analysis, Analgesic Effects, and Adverse Effects of Tapentadol in Cancer Patients with Pain. Masashi Homma, Hideya Kokubun, Kosuke Okuwaki, Chikatoshi Katada, Norihito Hayashi, Akifumi Kanai, Wasaburo Koizumi, Koichiro Atsuda Biological & pharmaceutical bulletin 43(6) 1000 - 1006 2020年
  • A Nationwide Survey of Community Pharmacist Contributions to Polypharmacy in Opioid-Using and Non-using Cancer Patients in Japan. Suzuki S, Uchida M, Suga Y, Sugawara H, Kokubun H, Uesawa Y, Nakagawa T, Takase H Biol Pharm Bull. 42 1164 - 1171 2019年
  • A nationwide survey of hospital pharmacist interventions to improve polypharmacy for patients with cancer in palliative care in Japan. Mayako Uchida, Shinya Suzuki, Hideki Sugawara, Yukio Suga, Hideya Kokubun, Yoshihiro Uesawa, Takayuki Nakagawa, Hisamitsu Takase Journal of pharmaceutical health care and sciences 5 14 - 14 2019年

研究業績(著書)

  • 第2版 Q&Aでわかる がん疼痛緩和ケア
    2019
  • がん緩和ケアの薬の使い方
    じほう2019
  • がん疼痛の処方 さじ加減の極意
    南山堂 2016
  • がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2014年版
    2014
  • Q&Aでわかる がん疼痛緩和ケア
    2014
  • 緩和医療薬学
    南江堂 2013
  • パートナー薬剤学 改訂第2版
    2012
  • がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2010年版
    2010
  • 秘伝 緩和ケアのちょっとしたコツ
    2010
  • がん疼痛緩和ケアQ&A 
    じほう2008
  • すぐに役立つ緩和ケアチームの立ち上げと取り組みの実際; 緩和ケアチームにおける薬剤師の役割
    2007
  • パートナー薬剤学
    2007

受賞歴

2014/08 がんの痛みと症状緩和に関する多施設臨床共同研究会 奨励賞受賞

所属学会

日本臨床腫瘍学会 , 日本医療薬学会 , 日本緩和医療薬学会 , 日本緩和医療学会