学生相談

本学では、学生の学ぶ権利を尊重し、大学全体でサポートできる体制を整えています。
それぞれの相談については、通常は各部署で対応していますが、内容によってはご家族を交えて相談するケースもあり、その場合は担当のアドバイザー教員(*)を通じて相談を行っています。

学習相談室

授業内容を更によく理解したり、学習上の悩みを相談する場所として設けられており、「有機化学関連」「数学・応用統計学関連」「生物学と生化学関連」「高校化学の復習および無機化学」の科目が開かれており担当の教員が対応しています。学習相談を希望する学生であれば、学部・学年を問わず全学生、利用することができます。

学生相談室

人間関係や性格などの悩み事については週3日臨床心理士が、メンタル面の悩みは月に2日精神科医が対応しています。また、一般的な学業相談についての相談員として、担当教員が6名選任されており対応しています。

保健室

身体に関する相談はもちろん、メンタル面の相談についてもいつでも対応しています。相談を受けた場合、必要に応じて専門のスタッフにつなげています。保健室はインテーカーの役割を担い、学生相談室の予約を受け付けています。

*アドバイザー制度について

一人ひとりの学生が有意義な学生生活を送れるよう、本学では教員がよき相談役として、担当する各学生に学業・進路・生活上の指導や助言を行う、アドバイザー制度を設けています。
アドバイザーは入学直後には学生生活や勉強の仕方について指導すると同時に、アドバイザーグループによるSGD(Small Group Discussion)を行い教員と学生のコミュニケーションを図っています。
薬学部では、教授、准教授、講師、助教が、生命科学部では、教授、准教授、講師が各学年6~10名の学生を1~3年まで担当します。4年次以降は卒論指導教員がアドバイザーを務めます。