研究室・教員一覧 小倉 健一郎准教授

研究者名
小倉 健一郎(オグラ ケンイチロウ)
所属
薬学部 医療薬学科 薬物代謝安全性学教室
職位 / 学位
准教授 / 博士(薬学)
研究課題
より安全ながん化学療法に向けた薬物代謝酵素表現型検査法の開発
キーワード
ジヒドロピリミジンデヒドロゲナーゼ 、 UDP-グルクロン酸転移酵素 、 硫酸転移酵素 、 薬物代謝酵素 、 薬物代謝 、 薬物代謝・分子毒性学

メッセージ

私達は、多くの化学物質に囲まれて生活しています。薬物治療を目的に服用する医薬品も含めて、様々な化学物質の生体に対する影響を考えないで生活するわけにはいきません。医薬品についてもその安全性を確かめ、副作用発現機構を解明することで、重篤な副作用から患者さんを守る事ができます。本学では薬剤師教育ももちろんですが、研究マインドを持った卒業生を送り出すことを大切にしています。

学歴

1984年~1986年 東京薬科大学 薬学研究科 博士課程前期課程
1983年~1984年 東京薬科大学 薬学部 専攻科
1979年~1983年 東京薬科大学 薬学部 薬学科

経歴

2007年04月~現在 東京薬科大学薬学部 准教授
2004年04月~2007年03月 東京薬科大学薬学部 助教授
1999年~2004年 東京薬科大学薬学部 講師
1986年~1998年 東京薬科大学薬学部 助手

研究業績(論文)

  • Ohnuma T, Sakamoto K, Shinoda A, Takagi C, Ohno S, Nishiyama T, Ogura K, Hiratsuka A. Procyanidins from Cinnamomi Cortex promote proteasome-independent degradation of nuclear Nrf2 through phosphorylation of insulin-like growth factor-1 receptor in A549 cells. Archives of biochemistry and biophysics. 2017. 635. 66-73
  • Ohnuma T, Anzai E, Suzuki Y, Shimoda M, Saito S, Nishiyama T, Ogura K, Hiratsuka A. Selective antagonization of activated Nrf2 and inhibition of cancer cell proliferation by procyanidins from Cinnamomi Cortex extract. Archives of biochemistry and biophysics. 2015. 585. 17-24
  • Yoshida Y, Ogura K, Hiratsuka A, Aisu N, Yamada T, Kojima D, Tanimura S, Ogata K, Hara S, Mogi A, Takamatsu Y, Tamura K, Mishima H, Yamashita Y. 5-Fluorouracil Chemotherapy for Dihydropyrimidine Dehydrogenase-deficient Patients: Potential of the Dose-escalation Method. Anticancer research. 2015. 35. 9. 4881-4887
  • Ogura K, Ishii Y. Significance of non-cytochrome P450 (non-P450) enzymes in basic science, clinical field and drug development. Drug metabolism and pharmacokinetics. 2015. 30. 1. 1-2
  • Nishiyama T, Hayashi N, Kakurai N, Yanagita H, Kuriyama A, Miyamoto C, Ishihara Y, Ogura K, Ohnuma T, Hiratsuka A. Formation and stability of 4-(hydroxymethylnitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanone glucuronide, a stable form of reactive intermediate produced from 4-(methylnitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanone, in mice. The Journal of toxicological sciences. 2014. 39. 4. 515-521

所属学会

日本癌治療学会 , 日本薬学会 , 日本生化学会 , 日本癌学会 , 日本薬物動態学会 , 日本毒科学会