東京薬科大学 生命科学部

少人数教育と先端研究で高い就職率を実現。
先端研究の東京薬科大学 生命科学部。

最先端の研究環境と少人数教育で高い就職率を実現してきた東京薬科大学 生命科学部。
夢と情熱を持った、未来を切り拓く新しい研究者・企業人を育成していきます。

  • 科学研究費補助金 配分額
    私立薬科大 第1
    全国32
  • 2018年度 卒業生実績
    就職率99.1
  • 少人数教育
    教員一人当たり15.0
    他大学 平均値19.0~27.0人
  • 卒業時満足度
    93.5

数字で見る東薬

生命科学部の学び Education of Life Sciences

生命科学部は生命科学における教育と研究を通じて、広範囲な専門知識と応用力を修得し、広く社会で活躍する人材を育成します。

  1. 入学時

    学科選択

    1~2年次は共通必修科目を中心に体験的実習を通じ、生命科学の基礎と実験技術を身につけます。
    3年次からは共通科目も選択となり、それぞれの専門分野を重点的に学びます。

    • 先端科学を学ぶ

      分子生命科学科

      くすり・遺伝子・細胞・脳など、生命を支える仕組みを学びます。化学や分子生物学などの基礎学問を基盤とした先端科学の研究を通じて、科学・技術の発展と社会に貢献できる人材を育成します。

    • バイオテクノロジーを学ぶ

      応用生命科学科

      さまざまな生物に触れ、それらの遺伝子・ゲノム・生態・進化について学びます。資源・環境・エネルギー・食料などに関する最先端バイオテクノロジーを研究し、健康で豊かな社会を創造する人材を育成します。

    • 医療と健康を学ぶ

      生命医科学科

      難病・がんなどの病気の仕組みや免疫・再生医療などを学びます。生命科学と医療の現場をつなぐような、病気の新たな治療(創薬)・診断法の開発をめざし、人の命と健康に貢献できる人材を育成します。

学科紹介