職業・研究から探す 創薬・医薬品開発

  • 研究
  • 生命科学部
生物有機化学研究室
指導教員
研究テーマ

複数の化学反応を駆使し、簡単な構造の有機化合物から複雑な分子を作り上げていくのが有機合成化学です。当研究室では有機合成化学を基盤とし、複雑かつ美しい構造を有する天然有機化合物の全合成研究を行っています。また、新規有機化合物のデザインカと合成力を基に医薬品の開発研究を行っています。

詳しくみる

分子神経科学研究室
指導教員
研究テーマ

神経系の研究は、かつては形態研究に始まりましたが、現在は神経の発生を人工的に模倣し、それを再生することができます。当研究室では、最新技術を駆使し、神経発生と再生の研究を行い、神経変性疾患等の創薬標的分子を同定することで新たな再生創薬を目指しています。

詳しくみる

細胞情報科学研究室
指導教員
研究テーマ

多くのタンパク質は翻訳後に様々な修飾(翻訳後修飾)を受けることによって、その機能が制御されています。これらの修飾の調節異常はがんなどの病気につながります。当研究室では、リジン残基上で起こる翻訳後修飾の生理的機能と病気との関係を明らかにし、それら修飾を標的とした化合物スクリーニングにより創薬の実現を目指します。

詳しくみる

生物情報科学研究室
指導教員
研究テーマ

正常な生命活動には、多くの分子の協調的な働きが必要です。これがうまくいかなくなった状態が「病気」で、通常は原因となる生体分子があります。「薬」は3次元構造を介して原因分子を認識し、その働きをブロックします。私たちは、生体分子の立体構造を通して、新しい薬のデザインを目指しています。

詳しくみる

生物工学研究室
指導教員
研究テーマ

生命の設計図、ゲノム配列解読はまだ始まったばかりです。精巧な生命のデザインとその設計原理を理解するため、ヒト人工染色体や極限環境微生物等ユニークな材料を用いた研究を行います。さらにそこで得られる知識を再生医療などの産業に応用することを目指します。

詳しくみる

ゲノム病態医科学研究室
指導教員
研究テーマ

メラノーマやアトピー性皮膚炎などのがんや皮膚疾患がどの様に引き起こされ、悪化するのかについて、培細養胞、遺伝子欠損マウス、ヒト臨床検体を使って解析しています。また、化合物ライプラリーを用いたスクリーニングにより、新たな創薬シーズの探索も進め、治療の道を探っています。

詳しくみる