研究室・教員一覧 冨塚 一磨教授

研究者名
冨塚 一磨(トミヅカ カズマ)
所属
生命科学部 応用生命科学科 生物工学研究室
職位 / 学位
教授
研究課題
巨大遺伝子を操作できるヒト人工染色体を利用した、バイオ医薬品創出や再生医療に貢献する新技術の開発

メッセージ

バイオ医薬品創成を中心とした企業での研究経験、そしてその成果を実用化した経験を活かし、生命科学における基礎と応用の橋渡しをすることが目標です。学生の皆さんが、社会で活躍するための土台を築けるよう、知識や発見を応用に繋げるための思考法を身につけたり、発見や発明を通して社会に貢献することの素晴らしさを体感できる機会を提供していきす。
生命誕生から40億年、生命の設計図であるゲノム探求の航海に今出航できることはまさに奇跡と感じながら、研究に取り組んでいます。私達と面白くて役に立つ研究に挑戦してみませんか。研究室見学、メールでの質問等大歓迎です。お待ちしています。"

研究業績(論文)

  • Isoda Y, Piao W, Taguchi E, Iwano J, Takaoka S, Uchida A, Yoshikawa K, Enokizono J, Arakawa E, Tomizuka K, Shiraishi Y, Masuda K. Development and evaluation of a novel antibody-photon absorber conjugate reveals the possibility of photoimmunotherapy-induced vascular occlusion during treatment in vivo. Oncotarget. 2018. 9. 59. 31422-31431
  • Hayase E, Hashimoto D, Nakamura K, Noizat C, Ogasawara R, Takahashi S, Ohigashi H, Yokoi Y, Sugimoto R, Matsuoka S, Ara T, Yokoyama E, Yamakawa T, Ebata K, Kondo T, Hiramine R, Aizawa T, Ogura Y, Hayashi T, Mori H, Kurokawa K, Tomizuka K, Ayabe T, Teshima T. R-Spondin1 expands Paneth cells and prevents dysbiosis induced by graft-versus-host disease. The Journal of experimental medicine. 2017. 214. 12. 3507-3518
  • Shinmi D, Nakano R, Mitamura K, Suzuki-Imaizumi M, Iwano J, Isoda Y, Enokizono J, Shiraishi Y, Arakawa E, Tomizuka K, Masuda K. Novel anticarcinoembryonic antigen antibody-drug conjugate has antitumor activity in the existence of soluble antigen. Cancer medicine. 2017. 6. 4. 798-808
  • Takahashi N, Niwa R, Nakano R, Tomizuka K. [Strategy for technology development of antibody therapeutics]. Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica. 2016. 147. 4. 235-240
  • Yamawaki K, Kondo Y, Okada T, Oshima T, Kakitani M, Tomizuka K. The soluble form of BMPRIB is a novel therapeutic candidate for treating bone related disorders. Scientific reports. 2016. 6. 18849