キャンパス・学生生活 学生寮

学生寮の紹介(女子学生寮・指定寮・推薦学生寮)

住居は生活の基盤です。より良い環境を選択することは、大学生活を充実したものにするための重要な要素の一つです。本学ではそれぞれの学生にあった環境を提供できるように様々な形態の学生寮を紹介しています。

快適で温かい共同生活です

入寮時には慣れない共同生活が多少不安でしたが、他の寮生ともすぐに打ち解けられ、テスト期間には夜まで開放されている食堂で友人たちと一緒に勉強したり、みんなで高尾山に登ったりと、勉強もプライベートもとても充実した毎日を送っています。毎日おいしい食事が用意され、管理人さんが笑顔で送り出してくれる、そんな快適で温かな環境の寮生活を選んで良かったです。

名前
小俣 智穂 さん
学年
薬学部3年
出身校
山梨県 立吉田高等学校
  • 所属、学年、内容は取材時点のものです。

友人に囲まれた安心な毎日

ともに学生時代に寮生活を経験していた両親に入寮を勧められました。最初の1年間は2人部屋で同室の子とはすぐに友達になりましたし、今も学年を越えてみんなと仲良く生活しています。カゼを引いた時など管理人さんが気にかけてくれたり、安心、安全に毎日を過ごせて、大学の情報交換がしやすく、学習面でもお互いに刺激し合えるのは寮生活ならではのメリットですね。

名前
石原 あゆみ さん
学年
薬学部3年
出身校
栃木県 私立佐野日本大学高等学校
  • 所属、学年、内容は取材時点のものです。

仲間といっしょに快適に過ごせる環境です。

入寮前には不安もありましたが、すぐにいっしょに食事をしたり、勉強したりする友人ができ、1年次生の前期のうちにすっかり寮生活を楽しめるようになっていました。母も「友だちができて良かったね」と喜んでくれています。バランスの取れた食事が取れ、学部学年を越えて苦しいときも支え合える友人に巡り会え、寮費も手頃で、素敵な大学生活を送れています。

名前
大亀 綾香 さん
学年
生命科学部3年
出身校
広島県 私立広島女学院高等学校
  • 所属、学年、内容は取材時点のものです。

女子学生寮

東京に出て初めてのひとり暮らしは不安があると思います。大学が運営する女子寮は管理人さんが常駐していますので、慣れないひとり暮らしも安心です。また、分からないことは先輩が親切に教えてくれ、すぐに新しい生活に慣れることができます。静かで勉学条件が整っています。規律ある共同生活を通じて学生の修学を助成し、人間形成に資することを目的とした教育・厚生施設です。

設備

  • 場所:東京都八王子市(大学までの所要時間40分)
  • 鉄筋4階建・89名収容(1人部屋61室、2人部屋14室)
  • 食事(朝、夕)付き、禁煙
  • 定員が決まっています。入寮希望者が多数の場合、入寮をお断りすることがあります。
  • 在寮は入学時から4年間までとなります。
入寮費(入寮時のみ) 163,000円
寮費(半期) 165,000円(1人部屋)
134,000円(2人部屋)
食費(半期) 119,500円
  • 2016年4月より

指定寮

本学男子学生専用のアパートが本学の周辺に設けられています。これらのアパートは本学との協議の上で、JA組合員の方々によって建設されたもので、「指定寮」と通称されています。

設備

  • 場所:本学南の徒歩10~20分の地域
  • 部屋数:6棟52室
  • 設備:1DK(6畳、バス、トイレ、台所)
  • 家賃:平成30年度 月額25,000~29,000円(前家賃)
  • 雑費:3,000円(公益費、水道料等)
  • その他:退去時ハウスクリーニング代30,000円

推薦学生寮

推薦学生寮とは、本学が業務提携をしている株式会社共立メンテナンスが運営する食事付学生寮です。東京薬科大学の学生だけではなく他大学の学生も利用しており、大学の枠を超えて交流をはかれるので幅広い視野を持つことができます。

その他

他にも、本学近隣の民間アパート(月額40,000~50,000円程度)や推薦学生会館を紹介しています。
(紹介窓口:東京薬科大学生活協同組合別ウィンドウで開きます

案内書の送付

合格者には、入学手続き書類一式を郵送する際に、上記の案内を同封します。