研究室・教員一覧 山内 淳司教授

研究者名
山内 淳司(ヤマウチ ジュンジ)
所属
生命科学部 分子生命科学科 分子神経科学研究室
職位 / 学位
教授 / 博士(理学)
研究課題
中枢および末梢神経系の髄鞘(ミエリン)発生の分子メカニズムに関する研究 中枢および末梢神経系の髄鞘(ミエリン)変性疾患の病態解明と創薬標的分子ハンティング
キーワード
包括脳ネットワーク 、 末梢神経 、 中枢神経 、 ミエリン 、 脱ミエリン 、 シグナル伝達

メッセージ

分子神経科学研究室では、独自の人工組織培養技術とユニークな遺伝子改変技術を用い、生まれながらにもつ神経系の疾患メカニズムを解明し、それを改善することに取り組んでいます。遺伝病とよばる、こどものときから発症する病気は、多くの場合、薬や治療方法が確立されていません。しかし、これらの手法を用いた研究が、次世代の再生医療研究への橋渡しになると信じ、疾患研究を続けています。皆さんの時代には、真の意味での再生医療が実用化されると思います。私は、この生命科学部で、皆さんの若い力とともに、病に苦しむこどもを救いたいと強く願っています。

研究業績(論文)

  • Matsumoto Y, Shimizu K, Arahata K, Suzuki M, Shimizu A, Takei K, Yamauchi J, Hakeda-Suzuki S, Suzuki T, Morimoto T. Prepulse inhibition in Drosophila melanogaster larvae. Biology open. 2018. 7. 9
  • Imaizumi N, Takeuchi Y, Hirano H, Torii T, Seki Y, Morimoto T, Miyamoto Y, Sakagami H, Yamauchi J. Data on the effects of Charcot-Marie-Tooth disease type 2N-associated AARS missense mutation (Arg329-to-His) on the cell biological properties. Data in brief. 2019. 25. 104029
  • Tatsumi Y, Matsumoto N, Iibe N, Watanabe N, Torii T, Sango K, Homma K, Miyamoto Y, Sakagami H, Yamauchi J. CMT type 2N disease-associated AARS mutant inhibits neurite growth that can be reversed by valproic acid. Neuroscience research. 2018. 139. 69-78
  • Kamijo A, Saitoh Y, Sakamoto T, Kubota H, Yamauchi J, Terada N. Scaffold protein Lin7 family in membrane skeletal protein complex in mouse seminiferous tubules. Histochemistry and cell biology. 2019
  • Urai Y, Yamawaki M, Watanabe N, Seki Y, Morimoto T, Tago K, Homma K, Sakagami H, Miyamoto Y, Yamauchi J. Pull down assay for GTP-bound form of Sar1a reveals its activation during morphological differentiation. Biochemical and biophysical research communications. 2018. 503. 3. 2047-2053

所属学会

AAAS , ASCB , Sfn , 日本神経化学会 , 日本神経科学学会 , 日本分子生物学会 , 日本生化学会