研究室・教員一覧 森本 高子准教授

研究者名
森本 高子(モリモト タカコ)
所属
生命科学部 分子生命科学科 分子神経科学研究室
職位 / 学位
准教授 / 博士(理学)
研究課題
ショウジョウバエを用いた行動決定の神経機構解明:なぜ、そうするのか、そう感じるのかを科学する!
キーワード
記憶 、 視運動反応 、 視覚 、 精神疾患 、 包括脳ネットワーク 、 シナプス形成 、 ショウジョウバエ 、 CaMKII 、 神経筋接合部 、 シナプス前細胞

メッセージ

ヒトはなぜ花を見ると美しいと思い、ゆったりとした気分になるのでしょうか。そんな気分の時には勉強もはかどりませんか?私は生き物が様々な外部および内部の環境からの刺激によって、自らの行動を決定する脳の仕組みが不思議で、少しでも明らかにしたいと思っています。身近な疑問から研究が生まれます。皆さんも是非、謎解きに一緒に挑戦しませんか?

経歴

2007年~現在 東京薬科大学 生命科学部 准教授
2017年08月~2019年07月 文部科学省 学術調査官(科研費担当)兼任
2006年~2007年 東京薬科大学 生命科学部 助教授
1998年~2005年 東京大学 大学院・理学系研究科 助手

研究業績(論文)

  • Urai Y, Yamawaki M, Watanabe N, Seki Y, Morimoto T, Tago K, Homma K, Sakagami H, Miyamoto Y, Yamauchi J. Pull down assay for GTP-bound form of Sar1a reveals its activation during morphological differentiation. Biochemical and biophysical research communications. 2018. 503. 3. 2047-2053
  • Matsumoto Y, Shimizu K, Arahata K, Suzuki M, Shimizu A, Takei K, Yamauchi J, Hakeda-Suzuki S, Suzuki T, Morimoto T. Prepulse inhibition in Drosophila melanogaster larvae. Biology open. 2018. 7. 9
  • Miyamoto Y, Torii T, Inoue M, Morimoto T, Yamamoto M, Yamauchi J. Data on the effect of knockout of neruregulin-1 type III on Remak bundle structure. Data in brief. 2018. 18. 803-807
  • Matsumoto N, Kaneko M, Watanabe N, Itaoka M, Seki Y, Morimoto T, Torii T, Miyamoto Y, Keiichi Homma, Yamauchi J. Treacher Collins syndrome 3 (TCS3)-associated POLR1C mutants are localized in the lysosome and inhibits chondrogenic differentiation. Biochemical and biophysical research communications. 2018. 499. 1. 78-85
  • Watanabe N, Itakaoka M, Seki Y, Morimoto T, Homma K, Miyamoto Y, Yamauchi J. Dystonia-4 (DYT4)-associated TUBB4A mutants exhibit disorganized microtubule networks and inhibit neuronal process growth. Biochemical and biophysical research communications. 2018. 495. 1. 346-352

所属学会

日本神経化学会 , 日本生物物理学会 , 北米神経科学学会 , 日本神経科学学会