研究室・教員一覧 関 洋一助教

研究者名
関 洋一(セキ ヨウイチ)
所属
生命科学部 分子生命科学科 分子神経科学研究室
職位 / 学位
助教 / 博士(理学)
研究課題
昆虫脳をモデルとした嗅覚や色覚による適応的行動の神経行動学的研究
キーワード
微小脳 、 神経生理学 、 色覚 、 嗅覚 、 神経行動学

メッセージ

昆虫は陸上の様々な環境に適応し、多様な種が分化しました。環境に適応するための多様な行動の多くに、嗅覚や視覚のシグナルが利用されています。私達は、感覚受容から中枢での神経情報処理および行動発現に至るまでの詳細な神経基盤を明らかにすることで、これらの適応的行動の進化のしくみに迫りたいと考えています。昆虫の脳の研究に興味のある人は一緒に研究をしましょう!

学歴

2000年~2005年 筑波大学 生命環境科学研究科 情報生物科学専攻
1996年~2000年 筑波大学 第二学群生物学類

経歴

2012年04月~現在 東京薬科大学 助教
2007年04月~2012年03月 Max Planck Institute for Chemical Ecology 研究員
2006年04月~2007年03月 東京大学 研究員
2005年04月~2006年03月 東京大学 研究員

研究業績(論文)

  • Representations of olfactory information and circuit organizations of the olfactory system in insect brains. Hikaku seiri seikagaku(Comparative Physiology and Biochemistry). 2019
  • Seki Y, Dweck HKM, Rybak J, Wicher D, Sachse S, Hansson BS. Olfactory coding from the periphery to higher brain centers in the Drosophila brain. BMC biology. 2017. 15. 1. 56 Nirazawa T, Fujii T, Seki Y, Namiki S, Kazawa T, Kanzaki R, Ishikawa Y. Morphology and physiology of antennal lobe projection neurons in the hawkmoth Agrius convolvuli. Journal of insect physiology. 2017. 98. 214-222 Ebrahim SA, Dweck HK, Stökl J, Hofferberth JE, Trona F, Weniger K, Rybak J, Seki Y, Stensmyr MC, Sachse S, Hansson BS, Knaden M. Drosophila Avoids Parasitoids by Sensing Their Semiochemicals via a Dedicated Olfactory Circuit. PLoS biology. 2015. 13. 12. e1002318
  • Suzuki Y, Ikeda H, Miyamoto T, Miyakawa H, Seki Y, Aonishi T, Morimoto T. Noise-robust recognition of wide-field motion direction and the underlying neural mechanisms in Drosophila melanogaster. Scientific reports. 2015. 5. 10253

研究業績(著書)

  • 匂いと香りの科学 編著:渋谷達明、市川真澄
    朝倉書店

受賞歴

2018/11 - 日本比較生理生化学会 吉田奨励賞受賞 昆虫脳における嗅覚情報処理の神経基盤に関する研究

所属学会

日本Cell Death学会 , マクロファージ分子細胞生物学研究会 , 日本分子生物学会 , 日本免疫学会 , 日本生化学会