職業・研究から探す 社会と薬学

  • 研究
  • 薬学部
社会薬学
指導教員
研究テーマ

社会薬学では、近年の薬剤師がかかわる様々な社会問題について、それらの急激な変化の背景を踏まえた現状分析を進め、社会的な施策に反映や参考とされることを目標とします。まずは、薬物乱用防止や医薬品の適正使用に関する教育の推進などにおける学校薬剤師の在り方について検討を進めます。

詳しくみる

薬事関係法規
指導教員
研究テーマ

患者の利便性に基づく医薬品等の取扱あるいは薬事関係法規による規制は日々進化しています。特に最近では、医薬分業の推進についても『患者本位』の視点が重要となってきており、そのような進化や変化を踏まえ、患者のために薬剤師は何ができるのか、何を行うべきか、さらに医薬品等の良好な取扱・管理などについて考え、エピデンスに基づき提言していきます。

詳しくみる

生命・医療倫理学研究室
指導教員
研究テーマ

医療倫理学は、医療人にとって必要不可欠な知識です。人が生まれ死に逝く過程のなかで直面する子どもを授かること・選ぷこと、尊厳死・安楽死、患者の治療方針の決め方などについて研究しています。薬学と関連の深い治験や動物実験の望ましい方法についても考えます。

詳しくみる

一般用医薬品学
指導教員
研究テーマ

セルフメディケーションとは「日頃から健康管理に努め、軽い病気や外傷は一般用医薬品などを使って自分自身で手当てすること」で、これには薬剤師の助言が重要です。セルフメディケーションの推進に向け、調査研究や一般の方々への啓発活動などを行っています。

詳しくみる