研究室・教員一覧 栁田 顕郎教授

研究者名
栁田 顕郎(ヤナギダ アキオ)
所属
薬学部 医療薬物薬学科 生体分析化学教室
職位 / 学位
教授 / 博士(薬学)
研究課題
創薬サイエンスの扉を開くための「新しい分析法」の開発(特に手段は選びません)
キーワード
分析化学 、 電気分析化学 、 クロマトグラフィー

メッセージ

私達の教室では、卒論生や院生の学生さんがそれぞれ(誰も手掛けたことのない)新しい分析法や分析装置の開発にチャレンジしています。事前の予想の斜め上を行くこともしばしばですが、最後は必ず面白いものを作ってくれるので、年甲斐もなくワクワクさせられます。若人たちに望むことはただ一つ、自らの考えや発想が(多少なりとも)具体的な形を取る時の「手応え」を、今のうちに何度も何度も体験して欲しいと願っています。

研究業績(論文)

  • Morikawa G, Suzuka C, Shoji A, Shibusawa Y, Yanagida A. High-throughput determination of octanol/water partition coefficients using a shake-flask method and novel two-phase solvent system. Journal of pharmaceutical and biomedical analysis. 2016. 117. 338-344
  • Yanagida A, Takeshige S, Shibusawa Y. Reversed-phase liquid chromatographic analysis of hydrophobic interaction between proanthocyanidins and a C8-alkyl compound in aqueous solution. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2015. 1-7
  • Shoji A, Kabeya M, Ishida Y, Yanagida A, Shibusawa Y, Sugawara M. Evaluation of cathepsin B activity for degrading collagen IV using a surface plasmon resonance method and circular dichroism spectroscopy. Journal of pharmaceutical and biomedical analysis. 2014. 95. 47-53
  • Tanaka Y, Yanagida A, Komeya S, Kawana M, Honma D, Tagashira M, Kanda T, Shibusawa Y. Comprehensive separation and structural analyses of polyphenols and related compounds from bracts of hops (Humulus lupulus L.). Journal of agricultural and food chemistry. 2014. 62. 10. 2198-2206
  • Shibusawa Y, Yanagida A, Ogihara A, Ma Y, Chen X, Ito Y. Separation of nucleobases and their derivatives with organic-high ionic strength aqueous phase systems by spiral high-speed counter-current chromatography. Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences. 2012. 891-892. 94-97

所属学会

日本薬学会 , 日本農芸化学会 , 日本分析化学会 , クロマトグラフィー科学会