研究室・教員一覧 大沼 友和助教

研究者名
大沼 友和(オオヌマ トモカズ)
所属
薬学部 医療薬学科 薬物代謝安全性学教室
職位 / 学位
助教 / 博士(薬学)
研究課題
和漢薬成分による薬物代謝酵素の発現制御とその作用機序に関する研究
キーワード
薬物代謝 、 分子毒性

メッセージ

学ぶことや新しい発見をすることの楽しさを知ってほしいです。また、大学生活ではたくさんの仲間とふれあい、苦楽を共にして、様々な思い出を作りながら、チームワークやリーダーとしての資質を鍛えてほしいと思います。

学歴

2000年~2002年 東京薬科大学大学院 薬学部 薬学研究科・薬学専攻

経歴

2003年05月~現在 東京薬科大学・薬学部
2002年04月~2003年04月 三菱化学安全科学研究所

研究業績(論文)

  • Kenichiro Ogura, Tomokazu Ohnuma, Yoshiyuki Minamide, Atsuhiro Mizuno, Takahito Nishiyama, Satoru Nagashima, Mitsutaka Kanamaru, Akira Hiratsuka, Tadashi Watabe and Toshihiko Uematsu. Dihydropyrimidine dehydrogenase activity in 150 healthy Japanese volunteers and identification of novel mutations. Clinical Cancer Research. 2005. 11. 14. 5104-5111
  • Teppei Kaku, Kenichiro Ogura, Takahito Nishiyama, Tomokazu Ohnuma, Kei Muro and Akira Hiratsuka. Quaternary ammonium-linked glucuronidation of tamoxifen by human liver microsomes and UDP-glucuronosyltransferase 1A4. Biochemical Pharmacology. 2004. 67. 11. 2093-2102
  • Takahito Nishiyama, Kenichiro Ogura, Hiroaki Nakano, Tomokazu Ohnuma, Teppei Kaku, Akira Hiratsuka, Kei Muro and Tadashi Watabe. Reverse geometrical selectivity in glucuronidation and sulfation of cis-and trans-4-hydroxytamoxifens by human liver UDP-glucuronosyltransferases and sulfotransferases. Biochemical Pharmcology. 2002. 63. 10. 1817-1830

受賞歴

2017年08月
和漢医薬学会 優秀発表賞
2012年09月
和漢医薬学会 和漢医薬学会奨励賞

所属学会

和漢医薬学会 , 日本毒性学会 , 日本薬物動態学会 , 日本薬学会