研究室・教員一覧 井上 勝央教授

研究者名
井上 勝央(イノウエ カツヒサ)
所属
薬学部 医療薬学科 薬物動態制御学教室
職位 / 学位
教授 / 博士(薬学)
研究課題
くすりの生体内運命を決定する生理機構の解明とその制御技術の開発
キーワード
薬剤学 、 薬物間相互作用 、 薬物速度論 、 生体膜透過 、 腸管吸収 、 薬物動態 、 トランスポーター

メッセージ

医薬品の効き目を最大限発揮させるためには、副作用を回避しながら、くすりの体内での動きを最適化する必要があります。研究室では、くすりの生体内運命を決定する生理機構の解明とそれらを巧みに制御する技術開発に取り組みながら、次世代のリーダーとして活躍できる薬剤師・薬学研究者の育成を目指した思考力と実践力を重視した教育・研究活動を行っています。

学歴

1996年~1998年 熊本大学 大学院薬学研究科 博士後期課程
1994年~1996年 熊本大学 大学院薬学研究科 博士前期課程
1990年~1994年 熊本大学 薬学部 薬科学科

経歴

2013年04月~現在 東京薬科大学 教授
2007年10月~2013年03月 名古屋市立大学 准教授
2001年02月~2007年09月 名古屋市立大学 講師
2001年06月~2003年05月 米国ジョージア医科大学 博士研究員
1998年12月~2001年01月 名古屋市立大学 助手

研究業績(論文)

  • Funai Y, Shirasaka Y, Ishihara M, Takemura M, Ichijo K, Kishimoto H, Inoue K. Effect of osmolality on the pharmacokinetic interaction between apple juice and atenolol in rats. Drug Metab Dispos. 2019. 47. 4. 386-391
  • 2. Furuya T, Takehara I, Shimura A, Kishimoto H, Yasujima T, Ohta K, Shirasaka Y, Yuasa H, Inoue K. Organic anion transporter 1 (OAT1/SLC22A6) enhances bioluminescence based on d-luciferin-luciferase reaction in living cells by facilitating the intracellular accumulation of d-luciferin. Biochem Biophys Res Commun. 2018. 495. 3. 2152-2157
  • Yasujima T, Murata C, Mimura Y, Murata T, Ohkubo M, Ohta K, Inoue K, Yuasa H. Urate transport function of rat sodium-dependent nucleobase transporter 1. Physiological reports. 2018. 6. 10. e13714
  • Yamashiro T, Yasujima T, Ohta K, Inoue K, Yuasa H. Specific inhibitory effects of myricetin on human proton-coupled folate transporter: Comparison with its effects on rat proton-coupled folate transporter and human riboflavin transporter 3. Drug metabolism and pharmacokinetics. 2017. 32. 6. 311-314
  • Nabokina SM, Inoue K, Subramanian VS, Valle JE, Yuasa H, Said HM. Molecular identification and functional characterization of the human colonic thiamine pyrophosphate transporter. The Journal of biological chemistry. 2017. 292. 40. 16526

受賞歴

2011年11月 日本薬物動態学会奨励賞

所属学会

日本薬物動態学会 , 日本薬剤学会 , 日本薬学会