研究室・教員一覧 岸本 久直助教

研究者名
岸本 久直(キシモト ヒサナオ)
所属
薬学部 医療薬学科 薬物動態制御学教室
職位 / 学位
助教 / 博士(薬学)
研究課題
薬物の腸管吸収過程における粘液層の影響とその分子機構の解明
キーワード
粘液層 、 薬物吸収 、 生物薬剤学

メッセージ

本学の恵まれた環境の中で、ここでしかできない勉学や人材交流に積極的に取り組み、広い視野で社会に貢献できる薬剤師をともに目指しましょう!

学歴

2007年~2009年 東京薬科大学 大学院薬学研究科 博士前期課程
2003年~2007年 東京薬科大学 薬学部

経歴

2016年04月~現在 東京薬科大学 助教
2013年07月~2016年03月 東京薬科大学 助手
2009年04月~2013年06月 大正製薬株式会社 研究員

研究業績(論文)

  • Suzuki S, Shirasaka Y, Okada R, Eguchi A, Kishimoto H, Langguth P, Inoue K. Quantitative analysis of the effect of controlled-release formulation on nonlinear gastrointestinal absorption of P-glycoprotein substrate talinolol using physiologically based pharmacokinetic absorption model. Journal of Drug Delivery Science and Technology. 2019
  • Miyazaki K, Kishimoto H, Muratani M, Kobayashi H, Shirasaka Y, Inoue K. Mucins are Involved in the Intestinal Permeation of Lipophilic Drugs in the Proximal Region of Rat Small Intestine. Pharm Res. 2019. 36. 11. 162
  • Funai Y, Shirasaka Y, Ishihara M, Takemura M, Ichijo K, Kishimoto H, Inoue K. Effect of Osmolality on the Pharmacokinetic Interaction between Apple Juice and Atenolol in Rats. Drug Metab Dispos. 2019. 47. 4. 386-391
  • Furuya T, Takehara I, Shimura A, Kishimoto H, Yasujima T, Ohta K, Shirasaka Y, Yuasa H, Inoue K. Organic anion transporter 1 (OAT1/SLC22A6) enhances bioluminescence based on d-luciferin-luciferase reaction in living cells by facilitating the intracellular accumulation of d-luciferin. Biochem Biophys Res Commun. 2018. 495. 3. 2152-2157
  • Ichijo K, Oda R, Ishihara M, Okada R, Moteki Y, Funai Y, Horiuchi T, Kishimoto H, Shirasaka Y, Inoue K. Osmolality of orally administered solutions influences luminal water volume and drug absorption in intestine. Journal of Pharmaceutical Sciences. 2017. 106. 9. 2889-2894

受賞歴

2015年11月 第21回創剤フォーラム若手研究会 Most Impressive Poster Award

所属学会

日本薬学会 , 日本薬剤学会 , 日本薬物動態学会