学部紹介 過去の講習内容(教員免許状更新講習)

2020年度教員免許状更新講習 ※終了しました。

募集要項

受講対象者

修了確認期限が2021年3月31日または2022年3月31日である現職教員等の方

  • 修了確認期限等受講対象者に関する情報は文部科学省HPをご確認ください。
  • 修了確認期限を延期している場合、免許状更新講習の受講期間は延期後の修了確認期限から起算する必要があり、受講期間外に講習を受講した場合、免許状更新のための講習として認められなくなりますのでご注意ください。

講習会場

東京薬科大学
〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1

  • 豊田駅からはスクールバスの乗車が可能です。乗車方法については申込受付後別途ご案内いたします。

開講講習

  • 1日6時間単位の開講となります。1日単位での参加が可能です。

左右にスワイプ可能です

日にち 領域 講習名・担当講師 定員 受講料 履修認定対象職種 主な受講
対象者
講習概要
8/23(日) 選択 生命科学への誘い
  • 熊澤 義之(東京薬科大学生命科学部食品科学研究室教授)
  • 時下 進一(東京薬科大学生命科学部食品科学研究室准教授)
15名 ¥6,000 教諭(養護教諭,栄養教諭は対象外) 中学・高校
理科教諭
食品加工における液状原料の物性改質手段の一つである酵素処理に関する講習を行う。乳、大豆タンパク質等を機構の異なる2種の酵素を用い、様々な条件下で処理した際の物性やタンパク質成分の変化を実習、観察する。
8/24(月) 必修 児童・生徒、社会の変化と教育の課題
  • 田子 健(東京薬科大学生命科学部教職課程研究室教授)
  • 宇田 光(南山大学教職センター教授)
30名 ¥6,000 該当なし 該当なし
必修領域に関する内容を扱う。国の教育政策や世界の教育の動向を押さえた上で、教員として持つべき子ども観、教育観についての考察、子どもの発達に関する心理学等における最新の知見、子どもの生活の変化を踏まえた課題について学ぶこととしたい。
8/25(火) 選択必修 【選択必修】学校におけるカウンセリングと特別の支援を必要とする子どもに対する配慮事項
  • 横田 雅史(帝京平成大学 教授)
30名 ¥6,000 該当なし 学校種:小学校,中学校,高等学校,特別支援学校
免許職種、教科等:特定しない
職務経験等:特定しない
平成18年度以来通常の学級に特別な支援を必要とする児童・生徒が増加していることを踏まえ、平成30年度の学習指導要領改訂の考え方及び改訂点を中心に、従前の5障害と発達障害について配慮事項を講ずる。
これを通じて、担当する学級及び学校全体における組織的対応の必要性に関する理解を深めたい。

講習時間

9:30~17:00(予定)

  • 昼休み、休憩、試験時間含みます。また開始時間、終了時間は変更となる場合があります。

試験について

履修認定は講習ごとに試験により行なわれます。また試験の方法は筆記試験とします。

申し込み方法

  1. 東京薬科大学教員免許状更新講習予約フォームより、プレエントリーします。
    受付期間
    2020年6月16日(火)9時10分~2020年7月17日(金)16時まで
  2. 本学より下記書類の電子データをプレエントリーでご記入いただいたメールアドレス宛に順次お送りいたします。
    • 申込手続ガイド
    • 提出書類一式(a,b,c)
      • a.
        東京薬科大学 免許状更新講習(対面方式)受講申込書
      • b.
        教員免許状更新講習受講対象者証明書
      • c.
        受講料振込確認書 兼 受講申込書類チェックシート
    • 提出書類記入例
  3. 受講料をお振込みいただき、上記aからcの書類を印刷して記入・作成の上、2020年7月22日(水)(必着)までに東京薬科大学生命科学事務課免許状更新講習係までご郵送ください(送付先住所、振込先等は申込手続ガイドに記載いたします。郵送にかかる費用(申込書印刷費、封筒、郵送料)についてはご負担いただいております)。
    • 期日までに上記全ての申請が行われなかった場合、キャンセルとなります。
  4. 東京薬科大学にて書類受領後、確認を行い、不備等なければ受講許可となります。
    受講許可になりましたら、7月下旬頃から受講許可証・当日の案内等を順次郵送でお送りいたします。
    • 受講許可証は受講日当日にご持参いただきます、詳細は郵送する案内書類をご確認ください。

申込みのキャンセル

お申込をキャンセルされる場合は、以下「問い合わせ先」までご連絡ください。
なお、キャンセル後の受講料の返金は原則行っておりませんので、予めご了承ください。

休講・補講・実施形態の変更について

台風や大地震、大規模な公共交通機関の乱れ、新型コロナウィルス感染症等の不測の事態が発生し、講習実施が困難であると大学が判断した場合、講習を休講または途中で打ち切る場合がございます。その場合は、原則、補講は行わず、受講料を全額返金いたします。

※現時点では各講習は東京薬科大学校舎での実地講習を予定しておりますが、新型コロナウィルス感染症対策として、オンラインによる実施に変更する等、実施形態を変更して開講となる場合がございます。実施形態を変更する場合、7月中旬頃にご案内いたします。

2019年度教員免許状更新講習 ※終了しました。

募集要項

受講対象者

修了確認期限が2020年3月31日または2021年3月31日である現職教員等の方

  • 修了確認期限等受講対象者に関する情報は文部科学省HPをご確認ください。
  • 修了確認期限を延期している場合、免許状更新講習の受講期間は延期後の修了確認期限から起算する必要があり、受講期間外に講習を受講した場合、免許状更新のための講習として認められなくなりますのでご注意ください。

講習会場

東京薬科大学
〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1

  • 豊田駅からはスクールバスの乗車が可能です。乗車方法については申込受付後別途ご案内いたします。

開講演習

  • 1日6時間単位の開講となります。1日単位での参加が可能です。

左右にスワイプ可能です

日にち 領域 講習名・担当講師 定員 受講料 履修認定対象職種 主な受講
対象者
講習概要
8/18(日) 選択 生命科学への誘い
渡邉一哉(東京薬科大学生命科学部生命エネルギー工学研究室教授)
15名 ¥6,000 教諭(養護教諭,栄養教諭は対象外) 中学・高校
理科教諭
身の回りにある材料を使って微生物燃料電池(微生物を使った発電装置)を作製し、性能評価法について講習します。
8/19(月) 必修 児童・生徒、社会の変化と教育の課題
  • 田子健(東京薬科大学生命科学部教職課程研究室教授)
  • 土屋明美(東京薬科大学生命科学部講師)
30名 ¥6,000 該当なし 該当なし
必修領域に関する内容を扱う。国の教育政策や世界の教育の動向を押さえた上で、教員として持つべき子ども観、教育観についての考察、子どもの発達に関する心理学等における最新の知見、子どもの生活の変化を踏まえた課題について学ぶこととしたい。
8/20(火) 選択必修 学校で起こる問題への対応及び現代における性教育の課題
  • 土屋明美(東京薬科大学生命科学部講師)
  • 町田健一(元国際基督教大学 教授、前北陸学院大学 学長・教授)
30名 ¥6,000 該当なし 学校種:小学校,中学校,高等学校,特別支援学校
免許職種、教科等:特定しない
職務経験等:特定しない
  • 学校の直面する課題について「チーム学校」の観点からアプローチする。子ども・保護者・担任・管理者・関連機関などの間に生じる「ずれ」に着目し「ずれ」を発展的に捉えて、教育相談に関わる手がかりを見出す。
  • 相手と自分に最も誠実になるべき「性」として、
    • 青少年の深刻な現状
    • 性に対する考え方の歴史的変遷
    • 性教育における基本姿勢の違い
    • 性に対する正しい知識を整理
    しつつ、より良い性教育相談の在り方を提言する。

講習時間

9:30~17:00(予定)

  • 昼休み、休憩、試験時間含みます。また開始時間、終了時間は変更となる場合があります。

試験について

履修認定は講習ごとに試験により行なわれます。また試験の方法は筆記試験とします。

申し込み方法

  1. 受付期間
    2019年6月17日(月)9時10分~2019年7月17日(水)16時まで
    • 原則先着順にて受付。定員に達した場合、募集を締め切ります。
    • 本申込の受付は7月22日(月)までですが、プレエントリー受付は7月17日(水)16時までなのでご注意ください。
    • 東京薬科大学からの返信のメールが迷惑メールフォルダに分類されている場合があります。大変お手数ではございますがメールの確認の際には迷惑メールフォルダに分類されていないかどうか、ご確認をお願い申し上げます。
      ご参考:Gmailの迷惑メールの検索方法別ウィンドウで開きます
  2. 本学より下記書類の電子データをプレエントリーでご記入いただいたメールアドレス宛に順次お送りいたします。
    • 申込手続ガイド
    • 提出書類一式(a,b,c)
      • a.
        東京薬科大学 免許状更新講習(対面方式)受講申込書
      • b.
        教員免許状更新講習受講対象者証明書
      • c.
        受講料振込確認書 兼 受講申込書類チェックシート
    • 提出書類記入例
  3. 受講料をお振込みいただき、上記aからcの書類を印刷して記入・作成の上、2019年7月22日(月)(必着)までに東京薬科大学生命科学事務課免許状更新講習係までご郵送ください(送付先住所、振込先等は申込手続ガイドに記載いたします。郵送にかかる費用(申込書印刷費、封筒、郵送料)についてはご負担いただいております)。
    • 期日までに上記全ての申請が行われなかった場合、キャンセルとなります。
  4. 東京薬科大学にて書類受領後、確認を行い、不備等なければ受講許可となります。
    受講許可になりましたら、7月下旬頃から受講許可証・当日の案内等を順次郵送でお送りいたします。
    • 受講許可証は受講日当日にご持参いただきます、詳細は郵送する案内書類をご確認ください。

申込みのキャンセル

お申込をキャンセルされる場合は、以下「問い合わせ先」までご連絡ください。
なお、キャンセル後の受講料の返金は原則行っておりませんので、予めご了承ください。

休講・補講について

台風や大地震、大規模な公共交通機関の乱れ等の不測の事態が発生し、講習実施が困難であると大学が判断した場合、講習を休講または途中で打ち切る場合がございます。その場合は、原則、補講は行わず、受講料を全額返金いたします。

2018年度教員免許状更新講習 ※終了しました。

募集要項

受講対象者

修了確認期限が平成31年3月31日または平成32年3月31日である現職教員等の方

  • 修了確認期限等受講対象者に関する情報は文部科学省HPをご確認ください。
  • 修了確認期限を延期している場合、免許状更新講習の受講期間は延期後の修了確認期限から起算する必要があり、受講期間外に講習を受講した場合、免許状更新のための講習として認められなくなりますのでご注意ください。

講習会場

東京薬科大学
〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1

  • 豊田駅からはスクールバスの乗車が可能です。乗車方法については申込受付後別途ご案内いたします。

開講演習

  • 1日6時間単位の開講となります。1日単位での参加が可能です。

左右にスワイプ可能です

日にち 領域 講習名・担当講師 定員 受講料 履修認定対象職種 主な受講
対象者
講習概要
8/19(日) 選択 生命科学への誘い
  • 伊藤 昭博(東京薬科大学生命科学部細胞情報科学研究室教授)
  • 高須 昌子(東京薬科大学生命科学部生命物理科学研究室教授)
  • 森河 良太(東京薬科大学生命科学部生命物理科学研究室講師)
  • 宮川 毅(東京薬科大学情報教育研究センター助教)
12名 ¥6,000 教諭(養護教諭,栄養教諭は対象外) 中学・高校
理科教諭
以下二つのテーマで講習を行う。
  • 真核生物の細胞が生命活動を行うためには、核膜によって隔てられている核と細胞質間で物質を行き来させる必要がある。本講習では、蛍光タンパク質GFPと化合物を利用して、核と細胞質間のタンパク質の移動を可視化する。
  • 植物から見つかった薬効や毒性を持つ物質について、分子模型およびコンピュータ・シミュレーションの2つの方法を用いて探求する。分子模型やシミュレーションが初めてでも実施できる内容となっている。
8/20(月) 必修 児童・生徒、社会の変化と教育の課題
  • 田子 健(東京薬科大学生命科学部教職課程研究室教授)
  • 土屋 明美(東京薬科大学生命科学部講師)
30名 ¥6,000 該当なし 該当なし
必修領域に関する内容を扱う。国の教育政策や世界の教育の動向を押さえた上で、教員として持つべき子ども観、教育観についての考察、子どもの発達に関する心理学等における最新の知見、子どもの生活の変化を踏まえた課題について学ぶこととしたい。
8/21(火) 選択必修 学校で起こる問題への対応を学ぶ
  • 金山 康博(東京薬科大学生命科学部講師)
  • 土屋 明美(東京薬科大学生命科学部講師)
  • 田子 健(東京薬科大学生命科学部教職課程研究室教授)
  • 木村 清治(東京薬科大学生命科学部講師)
30名 ¥6,000 該当なし 特定しない
近年学校でのさまざまな問題に対する組織的な対応の必要性が高くなっている。本講義では、学校の直面する様々な課題について、これまで対応してきた経験を持つ講師による、問題対応への考え方、直面した場合の対処法、事後の改善計画に関するケーススタディを交えた実践的でわかりやすい内容を扱う。事例として、いじめ・不登校への学校・担任としての対処方法、保護者との接し方から学校・学級運営上の問題への対処方法、教員間のトラブルを解決して、よりよい学校組織を創る方法等を扱いたい。

講習時間

9:30~16:55(予定)

  • 昼休み、休憩、試験時間含みます。また開始時間、終了時間は変更となる場合があります。

試験について

修了または履修認定は講習ごとに試験により行なわれます。また試験の方法は筆記試験とします。

申し込み方法

  1. 東京薬科大学教員免許更新講習予約フォームより、プレエントリーします。
    受付期間
    平成30年6月16日(土)~平成30年7月18日(水)16時まで
    • 本申込の受付は7月23日(月)までですが、プレエントリー受付は7月18日(水)16時までなのでご注意ください。
    • 原則先着順にて受付。定員に達した場合、募集を締め切ります。
    • 迷惑メールフィルタ等でメールを振り分けている場合は予めtoyaku.ac.jp及びcamelstudio.jpからのメールを受け取れるよう設定してください。
  2. 本学より下記書類の電子データをプレエントリーでご記入いただいたメールアドレス宛に順次お送りいたします。
    • 申込手続ガイド
    • 提出書類一式(a,b,c,d)
      • a.
        東京薬科大学 免許状更新講習(対面方式)受講申込書
      • b.
        教員免許状更新講習受講対象者証明書
      • c.
        平成30年度教員免許状更新講習・課題意識調査票
      • d.
        受講料振込確認書 兼 受講申込書類チェックシート
    • 提出書類記入例
  3. 受講料をお振込みいただき、上記aからdの書類を記入・作成の上、平成30年7月23日(月)(必着)までに東京薬科大学生命科学事務課免許状更新講習係までご郵送ください(送付先住所、振込先等は申込手続ガイドに記載いたします。郵送にかかる費用(申込書印刷費、封筒、郵送料)についてはご負担いただいております)。
  4. 東京薬科大学にて書類受領後、確認を行い、不備等なければ受講許可となります。
    受講許可になりましたら、7月下旬頃から受講許可証・当日の案内等を順次郵送でお送りいたします。
    • 期日までに上記全ての申請が行われなかった場合はキャンセルとなります
    • 受講許可証は受講日当日にご持参ください。

2017年度教員免許状更新講習 ※終了しました。

募集要項

受講対象者

修了確認期限が平成30年3月31日または平成31年3月31日である現職教員等の方

  • 修了確認期限等受講対象者に関する情報は文部科学省HPをご確認ください。
  • 修了確認期限を延期している場合、免許状更新講習の受講期間は延期後の修了確認期限から起算する必要があり、受講期間外に講習を受講した場合、免許状更新のための講習として認められなくなりますのでご注意ください。

講習会場

東京薬科大学
〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1

  • 豊田駅からはスクールバスの乗車が可能です。乗車方法については申込受付後別途ご案内いたします。

開講演習

  • 1日6時間単位の開講となります。1日単位での参加が可能です。

左右にスワイプ可能です

日にち 領域 講習名・担当講師 定員 受講料 履修認定対象職種 主な受講
対象者
講習概要
8/20(日) 選択 生命科学への誘い
  • 深見 希代子(東京薬科大学生命科学部ゲノム病態医科学研究室教授)
  • 佐藤 礼子(東京薬科大学生命科学部ゲノム病態医科学研究室助教)
  • 米田 敦子(東京薬科大学生命科学部ゲノム病態医科学研究室助教)
12名 ¥6,000 教諭(養護教諭,栄養教諭は対象外) 中学・高校
理科教諭
高齢化に伴いがん罹患率は高くなってきている。がん細胞の性質として増殖が速い事が挙げられるが、より憂慮すべき性質は再発・転移と薬剤耐性である。今回こうしたがん細胞の悪性化は、がん細胞のどのような性質に起因するのかを考察する。特に浸潤・転移能に着目し、メラノーマ、大腸がん、乳がんなどのがん細胞同士の接着性と疑似組織であるマトリックス通過能を測定する細胞生物学的技術を紹介する。
8/21(月) 必修 児童・生徒、社会の変化と教育の課題
  • 田子 健(東京薬科大学生命科学部教職課程研究室教授)
  • 土屋 明美(東京薬科大学生命科学部講師)
30名 ¥6,000 該当なし 該当なし
必修領域に関する内容を扱う。国の教育政策や世界の教育の動向を押さえた上で、教員として持つべき子ども観、教育観についての考察、子どもの発達に関する心理学等における最新の知見、子どもの生活の変化を踏まえた課題について学ぶこととしたい。
8/22(火) 選択必修 学校で起こる問題への対応を学ぶ
  • 金山 康博(東京薬科大学生命科学部講師)
  • 土屋 明美(東京薬科大学生命科学部講師)
30名 ¥6,000 該当なし 特定しない
近年学校でのさまざまな問題に対する組織的な対応の必要性が高くなっている。本講義では、学校の直面する様々な課題について、これまで対応してきた経験を持つ講師による、問題対応への考え方、直面した場合の対処法、事後の改善計画に関するケーススタディを交えた実践的でわかりやすい内容を扱う。事例として、いじめ・不登校への学校・担任としての対処方法、保護者との接し方から学校・学級運営上の問題への対処方法、教員間のトラブルを解決して、よりよい学校組織を創る方法等を扱いたい。

講習時間

9:30~16:55(予定)

  • 昼休み、休憩、試験時間含みます。また開始時間、終了時間は変更となる場合があります。

試験について

修了または履修認定は講習ごとに試験により行なわれます。また試験の方法は筆記試験とします。

申し込み方法

  1. 東京薬科大学教員免許更新講習予約フォームより、プレエントリーします。
    • 募集は締め切りました
    受付期間
    平成29年7月19日(水)午後4時まで
    • 原則先着順にて受付。定員に達した場合、募集を締め切ります。
    • 迷惑メールフィルタ等でメールを振り分けている場合は予めtoyaku.ac.jp及びcamelstudio.jpからのメールを受け取れるよう設定してください。
  2. 本学より下記書類の電子データをプレエントリーでご記入いただいたメールアドレス宛に順次お送りいたします。
    • 申込手続ガイド
    • 提出書類一式(a,b,c,d)
      • a.
        東京薬科大学 免許状更新講習(対面方式)受講申込書
      • b.
        教員免許状更新講習受講対象者証明書
      • c.
        平成29年度教員免許状更新講習・課題意識調査票
      • d.
        受講料振込確認書 兼 受講申込書類チェックシート
    • 提出書類記入例
  3. 受講料をお振込みいただき、上記aからdの書類を記入・作成の上、平成29年7月25日(火)(必着)までに東京薬科大学生命科学事務課免許状更新講習係までご郵送ください(送付先住所、振込先等は申込手続ガイドに記載いたします。郵送にかかる費用(申込書印刷費、封筒、郵送料)についてはご負担いただいております)。
  4. 東京薬科大学にて書類受領後、確認を行い、不備等なければ受講許可となります。
    受講許可になりましたら、7月下旬頃から受講許可証・当日の案内等を順次郵送でお送りいたします。
    • 期日までに上記全ての申請が行われなかった場合はキャンセルとなります。
    • 受講許可証は受講日当日にご持参ください。

2016年度教員免許状更新講習 ※終了しました。

募集要項

受講対象者

修了確認期限が平成29年3月31日または平成30年3月31日である現職教員等の方

  • 修了確認期限等受講対象者に関する情報は文部科学省HPをご確認ください。
  • 修了確認期限を延期している場合、免許状更新講習の受講期間は延期後の修了確認期限から起算する必要があり、受講期間外に講習を受講した場合、免許状更新のための講習として認められなくなりますのでご注意ください。

講習会場

東京薬科大学
〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1

  • 豊田駅からはスクールバスの乗車が可能です。乗車方法については申込受付後別途ご案内いたします。

開講演習

  • 1日6時間単位の開講となります。1日単位での参加が可能です。

左右にスワイプ可能です

日にち 領域 講習名・担当講師 定員 受講料 履修認定対象職種 主な受講
対象者
講習概要
8/20(土) 選択 理科教育の最新知識
—科学のあり方と宇宙での生命起源・生命探しを中心に—
  • 山岸 明彦(東京薬科大学生命科学部極限環境生物学研究室教授)
  • 内田 隆(東京薬科大学生命科学部教職課程研究室講師)
30名 ¥6,000 教諭(養護教諭,栄養教諭は対象外) 中学・高校
理科教諭,
講師(小学校教諭可)
理科教育の最新知識について扱う。前半では、生命倫理を例に、生命科学をめぐる今日的な問題を考察する。これをアクティブラーニングの方法を用いて、科学技術と人間社会の関係を探究する授業に具体化した実践例を検討する。後半では、「宇宙で生命は我々だけか」という根源的な関心から、生命とは何か、宇宙での生命の起源と生命探しについて、最新の研究成果を織り込みながら分かりやすく解説する。
8/21(日) 選択 生命科学への誘い
—様々な色に光るタンパク質を取り出してみよう!—
  • 田中 正人(東京薬科大学生命科学部免疫制御学研究室教授)
30名 ¥6,000 教諭(養護教諭,栄養教諭は対象外) 中学・高校
理科教諭,
講師
生命科学の諸分野において、タンパク分子やそれを発現する細胞の可視化に広く利用されているGFP(ノーベル賞を受賞した下村脩博士によってオワンクラゲから発見された緑色蛍光タンパク質)とその誘導体の作製および精製の実習を行う。この実習を通じて、分子生物学の基本的な操作を確認するとともに、中学生・高校生にとって魅力ある理科実験を企画、実行するためのストラテジーや指導法をともに考える。
8/22(月) 必修 児童・生徒、社会の変化と教育の課題
  • 田子 健(東京薬科大学生命科学部教職課程研究室教授)
  • 土屋 明美(東京薬科大学薬学部医療人間関係学教室教授)
30名 ¥6,000 該当なし 該当なし
必修領域に関する内容を扱う。国の教育政策や世界の教育の動向を押さえた上で、教員として持つべき子ども観、教育観についての考察、子どもの発達に関する心理学等における最新の知見、子どもの生活の変化を踏まえた課題について学ぶこととしたい。

講習時間

9:30~16:55(予定)

  • 昼休み、休憩、試験時間含みます。また開始時間、終了時間は変更となる場合があります。

試験について

修了または履修認定は講習ごとに試験により行なわれます。試験の方法は筆記試験とします。

申し込み方法

  1. 東京薬科大学教員免許更新講習予約フォームより、プレエントリーします。
    • 募集は締め切りました
    受付期間
    平成28年5月16日(月)~平成28年6月20日(月)午後5時(予定)
    平成28年7月15日(金)午後4時(予定)←延長しました!
    • 原則先着順にて受付。定員に達した場合、募集を締め切ります。
  2. 本学より下記書類の電子データをプレエントリーでご記入いただいたメールアドレス宛に順次お送りいたします。
    • 申込手続ガイド
    • 提出書類一式(a,b,c,d)
      • a.
        東京薬科大学 免許状更新講習(対面方式)受講申込書
      • b.
        教員免許状更新講習受講対象者証明書
      • c.
        平成28年度教員免許状更新講習・課題意識調査票
      • d.
        受講料振込確認書 兼 受講申込書類チェックシート
    • 提出書類記入例
  3. 受講料をお振込みいただき、上記aからdの書類を記入・作成の上、平成28年7月20日(必着)平成28年7月25日(必着)までに東京薬科大学生命科学事務課免許状更新講習係までご郵送ください(送付先住所、振込先等は申込手続ガイドに記載いたします)。
    • 提出締切日を延長しました。
  4. 東京薬科大学にて書類受領後、確認を行い、不備等なければ受講許可となります。
    受講許可になりましたら、7月上旬頃から受講許可証・当日の案内等を順次メールまたは郵送でお送りいたします。
    • 期日までに上記全ての申請が行われなかった場合はキャンセルとなります。
    • 受講許可証は受講日当日にご持参ください。

申込みのキャンセル

お申込をキャンセルされる場合は、以下「問い合わせ先」までお電話にてご連絡ください。
なお、キャンセル後の受講料の返金は原則行っておりませんので、予めご了承ください。

休講・補講について

台風や大地震、大規模な公共交通機関の乱れ等の不測の事態が発生し、講習実施が困難であると大学が判断した場合、講習を休講または途中で打ち切る場合がございます。その場合は、原則、補講は行わず、受講料を全額返金いたします。

本件に関するお問い合わせ

東京薬科大学 生命科学事務課 免許状更新講習係
  • TEL:042-676-8792(8:45~17:00 月~金、祝日は除く)
  • 〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1