研究室・教員一覧 中野 春男助教

研究者名
中野 春男(ナカノ ハルオ)
所属
生命科学部 応用生命科学科 環境応用動物学研究室
職位 / 学位
助教
研究課題
嗅覚神経細胞の分化におけるストレス応答因子の機能解明
キーワード
フェロモン 、 細胞分化 、 環境 、 ストレス応答 、 RNA生物学

メッセージ

過度のストレスは細胞に障害や死(アポトーシス)をもたらしますが、ストレスは細胞が特定の性質を持つ過程(分化)に必要な刺激にもなります。匂いやフェロモンを感知する嗅覚神経細胞が、ストレス応答によって専門的な細胞に分化する仕組みについて研究しています。

学歴

1995~1998 総合研究大学院大学博士課程 生命科学科
1993~1995 東北大学 東北大学大学院修士課程 農学研究科
1989~1993 東北大学 農学部

経歴

2012年04月~現在 東京薬科大学 助教
2010年11月~2012年03月 東京薬科大学 嘱託助教
2006年10月~2010年10月 協和発酵キリン(株) 嘱託社員
2004年07月~2006年09月 カルガリー大学 ポストドクター研究員
2002年01月~2004年06月 農業生物資源研究所 日本学術振興会 科学技術特別研究員
1999年02月~2001年12月 農業生物資源研究所 科学技術振興事業団 重点支援研究員
1998年04月~1999年01月 国立生理学研究所 非常勤講師

研究業績(論文)

  • Nakano H, Iida Y, Murase T, Oyama N, Umemura M, Takahashi S, Takahashi Y. Co-expression of C/EBPγ and ATF5 in mouse vomeronasal sensory neurons during early postnatal development. Cell and tissue research. 2019
  • Umemura M, Ogura T, Matsuzaki A, Nakano H, Takao K, Miyakawa T, Takahashi Y. Comprehensive Behavioral Analysis of Activating Transcription Factor 5-Deficient Mice. Frontiers in behavioral neuroscience. 2017. 11. 125
  • Yun YS, Tajima M, Takahashi S, Takahashi Y, Umemura M, Nakano H, Park HS, Inoue H. Two Alkaloids from Bulbs of Lycoris sanguinea MAXIM. Suppress PEPCK Expression by Inhibiting the Phosphorylation of CREB. Phytotherapy research : PTR. 2016. 30. 10. 1689-1695
  • Nakano H, Iida Y, Suzuki M, Aoki M, Umemura M, Takahashi S, Takahashi Y. Activating transcription factor 5 (ATF5) is essential for the maturation and survival of mouse basal vomeronasal sensory neurons. Cell and tissue research. 2016. 363. 3. 621-633
  • Umemura M, Tsunematsu K, Shimizu YI, Nakano H, Takahashi S, Higashiura Y, Okabe M, Takahashi Y. Activating transcription factor 5 is required for mouse olfactory bulb development via interneuron. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2015. 79. 7. 1082-1089

所属学会

日本分子生物学会