研究室・教員一覧 高妻 篤史助教

研究者名
高妻 篤史(コウヅマ アツシ)
所属
生命科学部 応用生命科学科 生命エネルギー工学研究室
職位 / 学位
助教 / 博士(農学)
研究課題
電気をつくる“発電菌”や電気を食べる“電気合成菌”について研究しています。
キーワード
微生物燃料電池 、 物質生産 、 代謝工学 、 細胞外電子伝達 、 電気化学 、 遺伝子発現

メッセージ

微生物のなかには、有機物を分解して電気をつくる“発電菌”や、電気エネルギーを使って物質を合成する“電気合成菌”のような、変わった能力を持つものがたくさんいます。まだ見つかっていない、未知の能力を持つ微生物もきっといるはずです。我々はこのような微生物の能力を活用し、環境やエネルギー、食糧問題の解決に役立てる研究を行っています。“微生物の力で地球に貢献したい”、と思う皆さん、ぜひ一緒に研究しましょう!

学歴

2003年~2008年 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命工学専攻
2001年~2003年 東京大学 農学部 生命工学専修
1999年~2001年 東京大学 教養学部 理科二類

研究業績(論文)

  • Inaba R, Nagoya M, Kouzuma A, Watanabe K. Metatranscriptomic evidences for magnetite nanoparticle-stimulated acetoclastic methanogenesis under continuous agitation. Applied and environmental microbiology. 2019
  • Suzuki Y, Kouzuma A, Watanabe K. CRISPR/Cas9-mediated genome editing of Shewanella oneidensis MR-1 using a broad host-range pBBR1-based plasmid. The Journal of general and applied microbiology. 2019
  • Fujinawa K, Nagoya M, Kouzuma A, Watanabe K. Conductive carbon nanoparticles inhibit methanogens and stabilize hydrogen production in microbial electrolysis cells. Applied microbiology and biotechnology. 2019
  • Kasai T, Tomioka Y, Kouzuma A, Watanabe K. Overexpression of the adenylate cyclase gene cyaC facilitates current generation by Shewanella oneidensis in bioelectrochemical systems. Bioelectrochemistry (Amsterdam, Netherlands). 2019. 129. 100-105
  • Hirose A, Kasai T, Koga R, Suzuki Y, Kouzuma A, Watanabe K. Understanding and engineering electrochemically active bacteria for sustainable biotechnology. Bioresources and Bioprocessing. 2019. 6. 1. 10

受賞歴

  • 2019/06 - 新化学技術推進協会 第8回新化学技術研究奨励賞
  • 2019/03 - 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞
  • 2018/03 - 東京薬科大学 水島昭二記念研究賞
  • 2015/06 - 環境バイオテクノロジー学会 奨励賞

所属学会

日本農芸化学会 , 日本微生物生態学会 , 環境バイオテクノロジー学会