研究活動 「おいしさ」を科学する だし・うま味の話

分野 食品
発表者 熊澤義之 教授
概要 日本は四季折々多様な食材が存在し、古くから巧みに「おいしさ」がつくり出されてきました。日本料理すなわち「和食」は、現在ではユネスコの無形文化遺産として登録されています。和食のおいしさを支えるだしやうま味とは何でしょう。この講義では、これらの味覚の性質や科学を概説し、「おいしさ」をつくり出す技術などについて学んでいきたいと思います。
コメント 毎日食べているものを考えてみよう。
対象 高校生
英語による講義  
研究室 食品科学研究室
熊澤先生.jpg

申込みは