大学紹介 第80回 薬剤師勉強会

演題/要旨/概要

臨床推論:基本的な考え方とその実践
開催日時
2021年 10月17日(日)12:30~16:00
(11:00受付開始、11:30開場)

臨床推論:
基本的な考え方とその実践

【第1部】12:30~14:00
副作用かどうか?を考える

【第2部】14:20~15:50
正常値か異常値か? から脱却する

要旨:「これって副作用ですか?」と聞かれたとき、被疑薬の添付文書に記載があれば「副作用です」、記載がなければ「ちがうかもしれません」「可能性は否定できません」と答えたりしていませんか? 私自身が身に覚えのあるこの受け答え、いったいどこに問題があるのでしょう。答えは本講演で... さて、副作用かどうかの判断は、がん治療でみる骨髄抑制のようにわかりやすいものもありますが、その判断に難渋するものも少なくありません。これはおそらく何年たっても同じで、簡単ではないのです。その簡単ではない思考は、どのように習得・熟練していくのでしょうか。副作用に限らず、患者さんから得られる情報を基に、患者さんに何が起こっているかを考える思考・考え方は、誰もが欲する技術の1つかと思います。この考え方は「臨床推論」と呼ばれ、薬学の世界でも教育や実践でも活用されるようになっています。しかし、実際に臨床推論の習得への道は決してやさしくなく、大学の座学ならなおさら、というところですが、考え方の基礎、理論として展開させています。本講演では、大学の授業内容をベースに、臨床推論の基本と、薬剤師の実践感覚に近い「副作用の考え方」「検査特性」を中心にお話します。

演者
医療実務薬学教室 川口 崇 准教授
場所
東京薬科大学 教育3号館3401講義室
(座席総数560席)
定員

先着180名

受講料

1,000円/1日

※お支払方法については、10月8日(金)頃、HPおよびメールにてご案内いたします。

※日本薬剤師研修センター認定講習会(2単位)申請中

注意事項

  1. 当日は検温の実施、手指消毒液の設置、換気、間隔を空けての着席など、COVID-19感染拡大防止対策を徹底します。
  2. 発熱時は参加をご遠慮いただきます。また、受講される場合は必ず不織布マスクの着用をお願い致します。体調管理を徹底していただき、体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。
  3. お越しの際は、できるだけ公共交通機関をご利用ください。車でお越しの方は大学前のコインパーキング(タイムズ東京薬科大学前)をご利用ください。
  4. JR中央線「豊田駅」からのスクールバスは、休日のため運行しません。京王線「平山城址公園駅」または京王相模原線「京王堀之内駅」からの路線バスをご利用ください。 
  5. 会場受付には、正門(南門)から案内板に従いお進みください。
  6. 昼食の準備はありません。また、食堂・売店は営業しておりません。講演開始前に限り、3303・3304講義室を開放しておりますのでご利用ください。ゴミはお持ち帰りください。

①受講申し込みは、ネット申し込みのみとなります

申し込み方法は本ホームページ(インターネット)からのみとさせていただきます。なお、席に限りがありますので、キャンセルのないようお願いいたします。また、COVID-19感染拡大の状況によっては、本講演を中止する場合がございます。あらかじめご承知おきください。

②会場は、東京薬科大学 教育3号館3401講義室となります

③その他の薬剤師勉強会はこちら

薬剤師勉強会開催のお知らせ

お申し込み

以下のお申し込みフォームからお申し込みください。
お申し込み期間:9月10日(金)~10月14日(木)

お申し込みフォーム

  • お申し込みに関するお願い
    迷惑フィルタ等でメールを振り分けている場合は、申し込みを受付した際のメールが届かないことがございますので、toyaku.ac.jpからのメールを受け取れるよう設定し直してください。

    ※お申し込み後、24時間経っても受付完了メール(自動返信)が届かない場合は、下記問い合わせフォームからご連絡ください。その際、申し込みで入力したメールアドレスとは別のアドレスを入力してください。

本件に関するお問い合わせ

東京薬科大学 広報課