学外者対象イベント 【オンライン】高校生物発展講座|高校教員対象

teacher-biology-banner2021-2000.jpg

イベント概要

2021年度も、オンラインによる「高校生物発展講座」を開催します(ZOOMを予定)
日時
2021年10月29日(金)、11月26日(金)
対象
高校教員(理科)の方
参加費
無料 ※1回から受講できます
開催案内

講座内容

10/29(金) 17:30~18:50
テーマ
発生だけではない細胞接着が関わる現象 -がん・免疫・血液凝固系疾患への関与-
講師
生命科学部 生命医科学科 米田 敦子 講師
内容
個体を形成する細胞の多くは、別の細胞や、コラーゲンなどを含む高分子集合体に結合して存在します。細胞接着と呼ばれるこの現象は、多細胞生物の胚発生や臓器形成に欠かせないだけでなく、免疫監視や血液凝固など高等動物の恒常性の維持に重要です。本講座では、この現象と分子機構を概説し、細胞接着の異常が関わる病気(がん、血液凝固系疾患、免疫疾患、筋肉疾患など)についても紹介します。
高校生物の関連分野
生体物質と細胞、生命現象とタンパク質
11/26(金) 17:30~18:50
テーマ
天然有機化合物の生合成と天然物由来の医薬品 -解糖系からアミノ酸・ホルモン・ビタミンへ-
講師
生命科学部 分子生命科学科 小林 豊晴 准教授
内容
生物は代謝によりアミノ酸やホルモンやビタミンなどの多様な有機物を合成し、生命活動のために様々な形で利用しています。本講座では、生物が代謝により合成する有機物の種類や合成する過程、およびそれらを由来とした医薬品などについて解説します。また、医薬品開発のもととなる、天然物由来の有機化合物を用いた酵素阻害機構の研究についても紹介します。
高校生物の関連分野
生命現象と物質、代謝

 

申込み受付

  • 電話による受付は行いません。

個人情報の取り扱いについて

お申し込みの際にお知らせいただいた住所・氏名その他の個人情報は体験実習の際の保険加入(大学で加入)、大学からのお知らせ(イベント案内・資料の送付・メールマガジン等) や、個人を特定しない集計処理に利用いたします。また、個人情報を本人の承諾なしに、第三者(発送代行業務委託先を除く)に提供することはいたしません。

その他


  • お申込み頂いた方には、詳細が決まり次第、本学よりご連絡致します。

過去の開催情報

本件に関するお問い合わせ

東京薬科大学 生命科学事務課