アントレプレナー養成プログラム サイエンスから新たな価値やビジネスを生み出す

entrepreneur-2000.jpg

サイエンスから新たな価値やビジネスを創出する

生命科学はさまざまな領域に浸透しており、生命科学を背景に新たな価値を生み出す人が望まれます。このプログラムではさまざまな領域でイノベーション(技術革新や新機軸)を生み、新たなビジネスを起こす人材を養成するために、サイエンス・ビジネスへの関心・意欲と必要な基礎力を育てます。

プログラムが目指す学修成果

  • プレゼンテーション能力
  • チームビルディング
  • 企画立案・実行力
  • 課題発見・解決力

プログラム内容

outline-entrepreneur.jpg

スタートアップやバイオテックにおいて、国際的に求められる基礎知識を学ぶと同時に、①プレゼンテーション能力、②チームビルディング、③企画立案・実行力、④課題発見・解決力、⑤思考方法を体系的に身に付けます。このことにより、大学での学びを活用して、新しい価値を生み出し、さらに社会を変革する力を養成します。最終的には、バイオ産業で活躍するアントレプレナーや社会人を輩出することを目指します。なお、プログラムには、OB・OG等による講義、PBL(Project Based Learning)、TBL(Team Based learning)、プレゼンテーション、ピッチを多く取り入れます。

対象科目をピックアップ

生命科学と社会Ⅱ(演習)

生命科学を含めた科学技術の進歩は、新たな製品やサービスを生み出すことを可能にします。こんなものがあったら素晴らしい、こんなサービスがあったらもっと生活が豊かになる、そのような必要性に新たな技術を加えること、新しい事業が生まれてきます。皆さんが、発想を柔軟にして、課題とその解決策を立案し、そのアイディアを一つの起業企画案や事業案にまとめて発表します。そして新たな価値を創造する事業を進める起業家精神(アントレプレナーシップ)を養います。

コンピテンシー
プレゼンテーション能力/チームビルディング/企画立案・実行力/課題発見・解決力・思考方法/アントレプレナーシップ
生命科学と社会Ⅲ(卒業生に学ぶ未来)

生命科学部は1994年に設立され、1998年に最初の卒業生を送り出しました。今、卒業生は様々な方面で活躍をしています。卒業生それぞれの多様な経験は、在学生にとって身近な実例として大いに参考になります。この授業は、様々な業種・職種の卒業生を毎回2名講師として迎え、その体験を通して、社会的な意識および学修意欲を高めることを目的とします。

コンピテンシー
キャリアパスへの理解
生命科学と社会Ⅳ(応用演習)

「人の学びと成長および生命科学」に関して、ワークショップ形式で現実社会の課題を学ぶことで具体的知識と「これからの社会を生き抜く力」を身につけます。現実社会の実際の問題を解決していくリーダー人材の目指すべき姿と必要な能力を身について、グループワークにより深く考察することで、社会人基礎力としてまとめられた「前に踏み出す力(Action)」、「考え抜く力(Thinking)」、「チームで働く力(Teamwork)」などを強化し、協調型問題解決能力を取得します。

コンピテンシー
プレゼンテーション能力/チームビルディング/企画立案・実行力/課題発見・解決力/起業における思考方法/アントレプレナーシップ
生命科学と社会Ⅴ(開発・企画案作成)

生命科学を含めた科学技術の進歩は、新たな製品やサービスを生み出すことを可能にします。生命科学やその周辺の技術を応用すると、これまで解決できなかった社会的な課題を解決する、製品やサービスを作り出すことが出来ます。新たな製品やサービスを事業化する企画を立案します。また、開発や企業企画を元に事業を展開する意欲を他社に伝えるプレゼンテーション能力を高めます。そして、新たな価値を創造する事業を進める起業家精神(アントレプレナーシップ)を養います。

コンピテンシー
プレゼンテーション能力/チームビルディング/企画立案・実行力/課題発見・解決力/起業における思考方法/アントレプレナーシップ
生命科学知財論

生命科学の領域で見いだされる発見や知識は、日々新たな情報として公開されています。このような知識情報は、生命科学者の知的好奇心をかき立てるだけでなく、身の回りの物やサービスの生産、流通と消費に関わります。経済的に価値のある生命科学関連の知的情報は知的財産として保護され、時として莫大な利益を生み出します。生命科学部を卒業し、社会の中で活躍する上で、知的財産権に関する理解が必要不可欠になることが多くあります。実社会で活躍するための基礎として、知的財産権の特徴を把握しその基礎スキルに接近するように講義は立案されています。

コンピテンシー
アントレプレナーシップ/知的財産関連基礎知識/スタートアップの現状と政府施策/デューデリジェンスとM&Aの概念/ライフサイエンス分野における知的財産と特許出願の枠組み

インフォメーション 

アントレプレナー養成講座(Founders Program)を実施

11月19日(木)、および12月17日(木)にアントレプレナー養成講座(Founders Program)を実施しました。この講座は、起業におけるビジネスモデルの作成を、個人単位で行うことにより、アイデアやシーズを、起業に直接結ぶ付ける能力を身に付けることを目的とした講座です。今年度の講座は、生命科学部だけでなく薬学部の学生も参加しています。また、講座のディレクターはスタートアップや起業支援の第一線で活躍している本学客員准教授が担当し、Discord(チャットアプリケーション)を使用しながら授業が展開されるなど、より実践的な授業が行われました。

entrepreneur-info-1.jpg

PAGE TOP