グローバルキャリアプログラム 科学に地球規模と多様性の視点を加える

globalcareer-2000.jpg

科学に地球規模と多様性の視点を加える

グローバル化が進み、国内外を問わずに活躍する人が社会において望まれます。グローバルに活躍するためには、語学力だけでなく、多様な文化を理解し、異なる考えを持つ人々とともに働く力が必要となります。本プログラムでは、グローバルな視野を育み、将来海外でも活躍できる学生を育成します。

プログラムが目指す学修成果

  • 異文化コミュニケーション力
  • 多様な社会への適応力
  • コラボレーション力
  • イノベーションを起こす創造力

プログラム内容

outline-globalcareer.jpg

グローバル化が進み、国内外を問わずに活躍する人が育つことが望まれます。必要なことは、語学力だけでなく、文化の多様性、それぞれの地域の特質を理解しておくことです。地球規模で広い視野、あるいはそうした視野をもつことへの関心を育てることを目的としています。 各プログラムに指定された科目の単位を修得することで、認定証を得ることができます。

対象科目をピックアップ

生命科学ゼミナールIV(英語で学ぶ生命科学)

少人数ゼミナール形式で行うことにより、生命科学に関するテーマについて、学生が自主的に英語資料を検索読解し、英語による発表、討論する能力を身に付けることを目的とします。教員により設定される課題と、学生が自主的に設定する課題について行います。また、英語でコミュニケーションを取りながら実習を行い、実習レポートを英語で作成します。

人間科学IV(Cultural Diversity)

グローバル化が進んだ今、国内外を問わずに活躍する人が育つことが望まれます。そのためには、文化の多様性やそれぞれの地域の特質を理解しておくことです。この授業は、民族や宗教、文化の多様性について、地球規模での広い視野、あるいはそうした視野をもつことへの関心を育てます。

Advanced Academic EnglishⅢ

大学では、口頭発表は卒論の発表や学会での発表などを指します。英語でのプレゼンテーションには基本的な形があります。Advanced Academic English Ⅲでは、基本的な学術プレゼンテーションのスキルを学びます。グループの中での何回かのプレゼンテーションの練習を重ねたのち、クラス全員の前でプレゼンテーションをし、相互評価をして、そのスキルを磨いていきます。

English and Science in the USA

生命科学部海外特別研修は、学部教育の一環として、世界で通用する人材の育成を目指しています。従って、研修プログラムの柱は国際語である英語を使わなければ生活できない場に学生を置き、生命科学を学ぶ上で必要な英語の運用力の向上を図ると共に、英語で生命科学を学ぶことを実体験することにあります。研修はアメリカ人家庭に入り、ホームステイをしながら、大学においてESL(英語研修)を行ないます。他に生命科学の特別レクチャー、生命科学関連の企業、大学LAB 訪問、小旅行、自由時間など自分の目で見、自分の頭と心で考え、感じ、自分で責任もって行動する場もあります。英語圏の人々や文化に触れることにより、視野の広い、自立した社会人としての第一歩を踏み出してもらいたいと思います。

コンピテンシー
コミュニケーション/英論文読解/プレゼンテーション/ディスカッション

学生インタビュー

世界中に“Made in Japan”を届けたい

私は、グローバルキャリアプログラムの「English and Science in the USA」に挑戦したいと思っています。English and Science in the USAは英語という言語を学ぶだけではなく、英語をツールとして専門分野の理解を深めることを目的としています。また1年次からこの留学プログラムに参加できることも魅力的でした。将来は、日本の伝統や文化、精神を世界中の人々に伝えていけるような取り組みをしたいと考えています。日本の技術や特色を用いて自分自身で製品を開発したり、ウェブサイトなどを活用して、世界中の人々に“Made in Japan”を届けたいです。

main5-global.jpg応用生命科学科1年 ダリアニー エンジェラ

教員インタビュー

短期海外留学を通じ、自身の可能性を広げよう

私は東京薬科大学に在学中、米シアトルのワシントン大学に2週間の短期留学をしました。当時は英語力にもあまり自信がありませんでしたが、実際に海外での生活を体験したことで、「将来、海外で働いてみたい」という思いがとても強くなりました。本学で生命科学の博士号を取得した後、スペイン・バルセロナの研究所で4年半、博士研究員としてのキャリアを積みました。その間、EUのみならず世界各国から集まった若手研究者たちと切磋琢磨した経験は、自分の人生にとって大きな財産であり、現在の研究・教育活動にも生かされています。
サイエンスの分野に限らず、今後の社会ではグローバルな視点がますます重要になります。ぜひみなさんには、短期海外留学も組み込まれた、このグローバルキャリアプログラムを通して、自身の可能性を広げて大きな目標にチャレンジして欲しいですね。

global-wakana-900.jpg若菜 裕一 助教

インフォメーション

カリフォルニア州立大学サンマルコス校と国際遠隔研究セミナー“Zoom Showcase”を実施

2020年12月5日にカリフォルニア州立大学サンマルコス校(以下、CSUSM)と国際遠隔研究セミナー“Zoom Showcase”をオンラインで実施し、本学学生ら19名が参加しました。セミナーでは、本学生命科学部・生命エネルギー工学研究室の学生とCSUSMのPSMバイオテクノロジープログラムの学生・卒業生がそれぞれの研究を英語でプレゼンテーション、ディスカッションを行いました。

学生たちの英語でのプレゼンテーション能力上達に繋がるなど、オンラインを活用した異文化コミュニケーションの機会にもなっています。発表した学生らには、”Certificate of Recognition”が手渡されるなど、学びの成果を感じられるイベントとなりました。

20201205showcase-4.jpg

PAGE TOP