研究室・教員一覧 若菜 裕一助教

研究者名
若菜 裕一(ワカナ ユウイチ)
所属
生命科学部 生命医科学科 分子細胞生物学研究室
職位 / 学位
助教
研究課題
ゴルジ体の機能制御メカニズム
キーワード
コレステロール 、 メンブレントラフィック 、 オルガネラ膜接触部位 、 小胞体 、 ゴルジ体

メッセージ

研究は大変なことばかりですが、その分上手くいった時には大きな喜びがあります。研究者を志す熱意のある学生を歓迎します。

学歴

2004年4月~2007年3月 東京薬科大学 生命科学研究科 博士後期課程
2002年4月~2004年3月 東京薬科大学 生命科学研究科 博士前期課程
1999年4月~2002年3月 東京薬科大学 生命科学部 分子生命科学科

経歴

2012年4月~現在 東京薬科大学 生命科学部 助教
2007年10月~2012年3月 バルセロナCRG-Centre for Genomic Regulation 博士研究員
2007年4月~2007年9月 東京薬科大学 生命科学部 嘱託研究員

研究業績(論文)

  • Miyagawa T, Hasegawa K, Aoki Y, Watanabe T, Otagiri Y, Arasaki K, Wakana Y, Asano K, Tanaka M, Yamaguchi H, Tagaya M, Inoue H. MT1-MMP recruits the ER-Golgi SNARE Bet1 for efficient MT1-MMP transport to the plasma membrane. The Journal of cell biology. 2019. 218. 10. 3355-3371
  • Sugo M, Kimura H, Arasaki K, Amemiya T, Hirota N, Dohmae N, Imai Y, Inoshita T, Shiba-Fukushima K, Hattori N, Cheng J, Fujimoto T, Wakana Y, Inoue H, Tagaya M. Syntaxin 17 regulates the localization and function of PGAM5 in mitochondrial division and mitophagy. The EMBO journal. 2018. 37. 21
  • Arasaki K, Nagashima H, Kurosawa Y, Kimura H, Nishida N, Dohmae N, Yamamoto A, Yanagi S, Wakana Y, Inoue H, Tagaya M. MAP1B-LC1 prevents autophagosome formation by linking syntaxin 17 to microtubules. EMBO reports. 2018. 19. 8
  • Arasaki K, Mikami Y, Shames SR, Inoue H, Wakana Y, Tagaya M. Legionella effector Lpg1137 shuts down ER-mitochondria communication through cleavage of syntaxin 17. Nature communications. 2017. 8. 15406
  • Wakana Y, Kotake R, Oyama N, Murate M, Kobayashi T, Arasaki K, Inoue H, Tagaya M. CARTS biogenesis requires VAP-lipid transfer protein complexes functioning at the endoplasmic reticulum-Golgi interface. Molecular biology of the cell. 2015. 26. 25. 4686-4699

所属学会

日本脂質生化学会 , 日本細胞生物学界 , 日本生化学会