研究室・教員一覧 古石 裕治准教授

研究者名
古石 裕治(コセキ ユウジ)
所属
薬学部 医療薬物薬学科 薬学教育推進センター
職位 / 学位
准教授 / 博士(薬学)
研究課題
基礎有機化学の教育方法の検討をテーマとした有機化学反応による医薬品合成についての調査研究
キーワード
複素環化合物の有機合成化学

メッセージ

本学は薬学部として、毎年、最も多い卒業生を送り出しており、また、古い歴史を持つことから、社会で活躍されている本学出身者がとても多いことは、社会人として就職する際にはとても心強く感じることと思います。勿論、社会に出るためには薬剤師を目指すことになりますので、専門性の高い薬学を学ぶことになります。そのため、本学を志望するみなさんには基礎学力としての「化学」「生物」は是非、しっかり学んでおいてください。

学歴

1987年~1989年 東京薬科大学 薬学研究科 薬学
1983年~1987年 東京薬科大学 薬学部 製薬学科

研究業績(論文)

  • Determination of serum brassicasterol in spontaneously hypertensive rats stroke-prone fed a high-ergosterol diet by ultra performance liquid chromatography Takaaki Ohtsubo, Ryo Kageyama, Yuji Koseki, Junya Hagi, Akira Kotani, Kazuhiro Yamamoto, Fumiyo Kusu, Tsuyoshi Miura, Hideki Hakamata EUROPEAN JOURNAL OF LIPID SCIENCE AND TECHNOLOGY 118(7) 1074 - 1083 2016年7月
  • The intramolecular tandem Michael/Mannich-type reaction of α,β-unsaturated carbonyl compounds with acyliminium ions provides access to chiral indolizidines Y. Koseki, K. Fujino, A. Takeshita, H. Sato, T. Nagasaka Tetrahedron: Asymmetry 18(13) 1533 - 1539 2007年7月
  • Synthesis of optically active tetrahydro-3-benzazepine-2-carboxylic acid derivatives via the ring expansion reaction of isoquinolines and enzymatic resolution Y Koseki, H Ozawa, K Kitahara, Kato, I, H Sato, H Fukaya, T Nagasaka HETEROCYCLES 63(1) 17 - + 2004年1月
  • Total synthesis of lennoxamine and chilenine via ring-expansion of isoindoloisoquinoline to isoindolobenzazepine Y Koseki, S Katsura, S Kusano, H Sakata, H Sato, Y Monzene, T Nagasaka HETEROCYCLES 59(2) 527 - 540 2003年3月
  • Stereoselective synthesis of 5-(1-hydroxyalkyl)-pyrrolidinones utilizing oxidation of 5-alkylidene-2-pyrrolidinones to acyliminium ion precursors Y Koseki, S Kusano, D Ichi, K Yoshida, T Nagasaka TETRAHEDRON 56(45) 8855 - 8865 2000年11月

研究業績(著書)

  • 無機化学・錯体 -生物無機化学の基礎- 第3版,
    廣川書店 2015

所属学会

日本薬学会