研究室・教員一覧 田村 和広教授

研究者名
田村 和広(タムラ カズヒロ)
所属
薬学部 医療衛生薬学科 内分泌薬理学教室
職位 / 学位
教授 / 博士(医学)
研究課題
子宮内膜症などの婦人科系疾患の病態解析と治療標的の探索
キーワード
妊娠 、 不妊 、 生殖医療 、 生殖薬理学 、 子宮内膜症 、 胎盤

メッセージ

緑豊かな静かで広々とした環境で、私たちと一緒に勉強し、研究しましょう。ここには、きみたちの未来に待っている夢と希望の礎があります。

学歴

1989年~1993年 東京医科歯科大学 医学部大学院医学研究科

経歴

2019年04月~現在 東京薬科大学 教授

研究業績(論文)

  • Kusama K, Tamura K, Bai H, Sakurai T, Nishi H, Isaka K, Imakawa K , Yoshie M. Exchange protein directly activated by cAMP promotes transcriptional activation of the. Reproduction, Fertility and Development. 2018. 30. 1454-1461
  • Matsutani T, Tamura K, Kutsukake M, Matsuda A, Tachikawa E, Uchida E. Impact pioglitazone on macrophage dynamics in adipose tissues of cecal ligation and puncture-treated mice. Biol. Pharm. Bull. 2017. 40. 638-644
  • Tamura K, Ishikawa G, Ohneda W, Yoshie M, Nakai A, Takeshita T, Tachikawa E. Glybenclamide inhibits NLRP3 inflammasome-mediated IL-1beta secretion in human trophoblasts. J Pharmacolo Sci. 2017. 135. 89-95
  • Wongwananuruk T, Sato T, Kajihara T, Matsumoto S, Akita M, Tamura K, Brosens JJ, Ishihara O. Endometrial androgen signaling and decidualization regulate trophoblastexpansion and invasion in co-culture: A time-lapse study. Placenta. 2016. 47. 56-62
  • Tamura K, Naraba H, Hara T, Nakamura K, Yoshie M, Kogo H, Tachikawa E. A positive feedback loop between progesterone and microsomal prostaglandin E synthase-1-mediated PGE2 promotes production of both in mouse granulosa cells. Prostaglandins & other Lipid Mediators. 2016. 123. 56-62

研究業績(著書)

  • 薬がみえる vol. 4 (薬力学 ; 薬物動態学 ; 相互作用 ; 製剤学 ; 薬剤の使用と実務) 医療情報科学研究所(担当:監修, 範囲:薬力学 ;薬の作用様式)
    メディックメディア 2020年4月28日
  • 最新 薬理学要説 - 薬の効き方の基礎を学ぶ- (担当:編集, 範囲:第1、3-5、6、11, 12, 18 章 執筆及び全章編集)
    愛智出版 2020年4月10日
  • 循環器/腎・泌尿器/代謝/内分泌 赤池, 昭紀, 伊藤, 貞嘉, 上野, 和行, 乾, 賢一(担当:共著, 範囲:内分泌疾患: 副甲状腺機能亢進症・低下症 及び 副腎疾患)
    中山書店 2020年1月20日
  • 薬系薬理学書 田村 和広(担当:共著, 範囲:6章 感覚器系薬理(眼/皮膚作用薬)、7章 内分泌系(副腎,性腺系))
    南江堂 2018年4月
  • 薬がみえる vol. 2 田村 和広(担当:監修, 範囲:内分泌系の疾患と薬; 副腎、性ホルモン)
    メディック・メディア 2015年

受賞歴

1999年3月 東京薬科大学 吉田仲子賞 思春期発動前の卵巣機能調節における甲状腺ホルモンの制御機構

所属学会

日本繁殖生物学会 , 日本Shock学会 , 日本内分泌学会 , 日本薬理学会 , 日本生殖内分泌学会 , 日本薬学会 , 日本胎盤学会