研究室・教員一覧 横川 彰朋助教

研究者名
横川 彰朋(ヨコカワ アキトモ)
所属
薬学部 医療薬学科 個別化薬物治療学教室
職位 / 学位
助教 / 博士(薬学)
研究課題
個別化薬物治療のための薬物動態の解析とヒトin vivo薬物代謝酵素活性評価法の開発
キーワード
臨床薬学 、 分析化学

メッセージ

東京薬科大学は、基礎薬学と臨床薬学を融合した総合薬学を学ぶことを目的に、様々なカリキュラムで薬学を学ぶ環境が整えられています。多くの先輩たちがこの学び舎で自己鍛錬し、社会で活躍をしています。皆さんと共に勉強できることを楽しみにしています。

学歴

2000年 東京薬科大学 薬学研究科 医療薬学専攻
1997年 東京薬科大学 薬学部 薬学科

経歴

2000年~現在 東京薬科大学薬学部

研究業績(論文)

  • Obara A, Kinoshita M, Hosoda K, Yokokawa A, Shibasaki H, Ishii K. Identification of equol-7-glucuronide-4'-sulfate, monoglucuronides and monosulfates in human plasma of 2 equol producers after administration of kinako by LC-ESI-MS. Pharmacology research & perspectives. 2019. 7. 3. e00478
  • Hirano R, Yokokawa A, Furuta T, Shibasaki H. Sensitive and simultaneous quantitation of 6β-hydroxycortisol and cortisol in human plasma by LC-MS/MS coupled with stable isotope dilution method. Journal of mass spectrometry : JMS. 2018. 53. 8. 665-674
  • Shibasaki H, Kuroiwa M, Uchikura S, Tsuboyama S, Yokokawa A, Kume M, Furuta T. Use of endogenous cortisol 6β-hydroxylation clearance for phenotyping in vivo CYP3A activity in women after sequential administration of an oral contraceptive (OC) containing ethinylestradiol and levonorgestrel as weak CYP3A inhibitors. Steroids. 2014. 87. 137-144
  • Shibasaki H, Hosoda K, Goto M, Suzuki A, Yokokawa A, Ishii K, Furuta T. Intraindividual and interindividual variabilities in endogenous cortisol 6β-hydroxylation clearance as an index for in vivo CYP3A phenotyping in humans. Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals. 2013. 41. 2. 475-479
  • Yokokawa A, Takasaka T, Shibasaki H, Kasuya Y, Kawashima S, Yamada A, Furuta T. The effect of water loading on the urinary ratio of cortisone to cortisol in healthy subjects and a new approach to the evaluation of the ratio as an index for in vivo human 11β-hydroxysteroid dehydrogenase 2 activity. Steroids. 2012. 77. 12. 1291-1297

研究業績(著書)

  • テーラーメイド医療 第2版 -薬物治療の個別化-
    テーラーメイド医療
    京都廣川書店 2010

受賞歴

2013年08月 日本臨床化学会 学会賞 「奨励賞」 ヒトin vivo における11β-hydroxysteroid dehydrogenase 2の活性評価法の開発

所属学会

国際TDM学会 , 日本薬学会 , 日本薬物動態学会 , 日本TDM学会 , 日本医用マススペクトル学会 , 日本臨床化学会