研究室・教員一覧 横川 彰朋助教

研究者名
横川 彰朋(ヨコカワ アキトモ)
所属
薬学部 医療薬学科 個別化薬物治療学教室
職位 / 学位
助教 / 博士(薬学)
研究課題
個別化薬物治療のための薬物動態の解析とヒトin vivo薬物代謝酵素活性評価法の開発
キーワード
臨床薬学 、 分析化学

メッセージ

東京薬科大学は、基礎薬学と臨床薬学を融合した総合薬学を学ぶことを目的に、様々なカリキュラムで薬学を学ぶ環境が整えられています。多くの先輩たちがこの学び舎で自己鍛錬し、社会で活躍をしています。皆さんと共に勉強できることを楽しみにしています。

学歴

2000年 東京薬科大学 薬学研究科 医療薬学専攻
1997年 東京薬科大学 薬学部 薬学科

経歴

2000年~現在 東京薬科大学薬学部

研究業績(論文)

  • Effect of UGT1A1, CYP3A and CES Activities on the Pharmacokinetics of Irinotecan and its Metabolites in Patients with UGT1A1 Gene Polymorphisms. Akitomo Yokokawa, Shun Kaneko, Sayuri Endo, Yuki Minowa, Hideaki Ayukawa, Ryohei Hirano, Fumio Nagashima, Daisuke Naruge, Naohiro Okano, Takaaki Kobayashi, Kirio Kawai, Junji Furuse, Takashi Furuta, Hiromi Shibasaki European journal of drug metabolism and pharmacokinetics 46(2) 317-324 2021年3月
  • Midazolam Intoxication in a Premature Neonate. Mio Endo, Ryohei Hirano, Hiromi Shibasaki, Akitomo Yokokawa, Takashi Furuta, Kurumi Abe, Koji Morita, Sachiko Tanaka, Toshihiko Hirano, Motoichiro Sakurai, Katsumi Mizuno Clinical therapeutics 42(5) 946-951 2020年5月
  • Identification of equol-7-glucuronide-4'-sulfate, monoglucuronides and monosulfates in human plasma of 2 equol producers after administration of kinako by LC-ESI-MS. Aki Obara, Mizuki Kinoshita, Kaori Hosoda, Akitomo Yokokawa, Hiromi Shibasaki, Kazuo Ishii Pharmacology research & perspectives 7(3) e00478 2019年6月
  • Sensitive and simultaneous quantitation of 6β-hydroxycortisol and cortisol in human plasma by LC-MS/MS coupled with stable isotope dilution method. Hirano R, Yokokawa A, Furuta T, Shibasaki H Journal of mass spectrometry : JMS 53(8) 665-674 2018年8月
  • LC-MS/MSによる尿中バニリルマンデル酸,ホモバニリン酸,メタネフリン,ノルメタネフリンおよびクレアチニンの一斉分析法の検討 細田香織, 柴崎浩美, 横川彰朋, 石井和夫 杏林医学会雑誌(Web) 46(3) 2015年

研究業績(著書)

  • テーラーメイド医療 第2版 -薬物治療の個別化-
    テーラーメイド医療
    京都廣川書店 2010

受賞歴

2013年08月 日本臨床化学会 学会賞 「奨励賞」 ヒトin vivo における11β-hydroxysteroid dehydrogenase 2の活性評価法の開発

所属学会

国際TDM学会 , 日本薬学会 , 日本薬物動態学会 , 日本TDM学会 , 日本医用マススペクトル学会 , 日本臨床化学会