研究室・教員一覧 青山 洋史准教授

研究者名
青山 洋史(アオヤマ ヒロシ)
所属
薬学部 医療衛生薬学科 分子機能解析学教室
職位 / 学位
准教授
研究課題
タンパク質の進化・構造・機能の関係解析に基づく生物活性物質の創製
キーワード
リン酸誘導体 、 抗ガン剤 、 抗ウイルス薬 、 プロテアーゼ阻害剤

メッセージ

薬剤師は職業と捉えられがちですが、資格というイメージの方が正しいです。この資格を取得すると病院や薬局で勤務する薬剤師にもなれますし、製薬・化粧品・食品などのメーカーで資格を使う部署で働くこともできます。以外に出口が広い薬学部で学んで将来を考えてみてはいかがでしょうか。

学歴

2000 - 2003 岐阜大学大学院 工学研究科博士後期課程 物質工学専攻
1998 - 2000 岐阜大学大学院 工学研究科博士前期課程 応用化学専攻
1993 - 1997 岐阜大学 工学部 応用化学科

経歴

2013/04 - 現在 東京薬科大学 准教授
2011/04 - 2013/03 東京薬科大学 講師
2006/08 - 2011/03 東京大学 助教
2006/01 - 2006/07 理化学研究所 研究員
2003/04 - 2005/12 科学技術振興機構 研究員

研究業績(論文)

  • Kaboudin B, Esfandiari H, Moradi A, Kazemi F, Aoyama H. ZnCl2-Mediated Double Addition of Dialkylphosphite to Nitriles for the Synthesis of 1-Aminobisphosphonates. The Journal of organic chemistry. 2019
  • Kaboudin B, Alavi S, Kazemi F, Aoyama H, Yokomatsu T. Resolution of Racemic α-Hydroxyphosphonates: Bi(OTf)3-Catalyzed Stereoselective Esterification of α-Hydroxyphosphonates with (+)-Dibenzoyl-l-tartaric Anhydride. ACS omega. 2019. 4. 13. 15471-15478
  • A novel and Facile Route for the Synthesis of Medetomidine as the alpha2-Adrenoceptor Agonist. Journal of the iranian chemical society. 2017. 14. 8. 1735-1739
  • Synthesis of 5-Aminobenzoimidazo[1,2-a]quinoline Derivatives Through One-Pot Two-Step Cascade Reaction. Heterocycles. 2016. 93. 2. 613-627
  • Aoyama H, Ijuin R, Kato JY, Urushiyama S, Tetsuhashi M, Hashimoto Y, Yokomatsu T. Discovery of non-competitive thrombin inhibitor derived from competitive tryptase inhibitor skeleton: Shift in molecular recognition resulted from skeletal conversion of carboxylate into phosphonate. Bioorganic & medicinal chemistry letters. 2015. 25. 17. 3676-3680