研究室・教員一覧 木村 耕二助手

研究者名
木村 耕二(キムラ コウジ)
所属
薬学部 医療薬学科 臨床薬効解析学教室
職位 / 学位
助手 / 薬学修士
研究課題
臨床における医薬品の効果および副作用を解析
キーワード
医療薬学

メッセージ

生体に投与された薬物が作用を発現するまでの過程を理論的に解析し、それを基にヒトや薬の個別化を行う研究をしています。これによって、個々の患者さんにおける医薬品の効果や副作用を予測することが可能となります。臨床での最適な薬物療法の実践および医薬品の開発をめざして、医療施設とも協力しながら研究を進めています。

学歴

      東京薬科大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士前期課程

経歴

      東京薬科大学 助手

研究業績(論文)

  • Takayanagi R, Endo Y, Kimura K, Yamada Y. Comparisons of Usual Dose of Pharmaceutical Products Used in Japan and United States: Can Differences Be Explained by Pharmacokinetics Alone?. Therapeutic innovation & regulatory science. 2019. 53. 5. 684-690
  • Kimura K, Yoshida A, Katagiri F, Takayanagi R, Yamada Y. Prediction of clinical effects of infliximab administered for inflammatory bowel disease based on pharmacokinetic and pharmacodynamic modeling. Biopharmaceutics & drug disposition. 2019. 40. 7. 250-261
  • Kimura K, Yoshida A, Takayanagi R, Yamada Y. Pharmacokinetic and pharmacodynamic model for analysis of adalimumab administered for Crohn's disease. Biopharmaceutics & drug disposition. 2018. 39. 6. 283-288
  • Takayanagi R, Uchida T, Kimura K, Yamada Y. Evaluation of Drug Efficacy of GLP-1 Receptor Agonists and DPP-4 Inhibitors Based on Target Molecular Binding Occupancy. Biological & pharmaceutical bulletin. 2018. 41. 2. 153-157
  • Kimura K, Omura K, Hoshino T, Takahashi H, Imaura M, Yamada Y. Method for Prediction of Efficacy of Sugammadex Administered to Recover from Rocuronium-Induced Neuromuscular Blockade in Gynecological Laparoscopic Surgery Cases. Biological & pharmaceutical bulletin. 2018. 41. 3. 312-318

所属学会

The International Society of Pharmacometrics , The American Society for Clinical Pharmacology and Therapeutics , 日本ゲノム薬理学会 , 日本医薬品情報学会 , 日本薬物動態学会 , 日本臨床薬理学会 , 日本医療薬学会 , 日本薬学会