研究室・教員一覧 大山 勝宏講師

研究者名
大山 勝宏(オオヤマ カツヒロ)
所属
薬学部 医療薬物薬学科 薬学実務実習教育センター
職位 / 学位
講師 / 博士(薬学)
研究課題
日米の有害事象自発報告データベースを用いた医薬品と有害事象との関連性の評価
キーワード
医療薬学 、 副作用 、 薬局 、 薬物相互作用

メッセージ

薬剤師は薬という「モノ」だけでなく、患者さんという「ヒト」とも接する職業です。皆さんには6年間の中で、薬学の様々な知識をしっかり学ぶことはもちろん、友人・先輩・教員などと接することを通して、自身の人間性や社会性も育んで欲しいと思います。

学歴

2000年 金沢大学大学院 自然科学研究科 医療薬学専攻
1991年 東京薬科大学 薬学部 衛生薬学科

経歴

2015年04月~現在 東京薬科大学薬学部 薬学実務実習教育センター
2015年 日本調剤株式会社
2001年 秋田大学医学部附属病院薬剤部

研究業績(論文)

  • Association between anaphylaxis and anti-influenza drug use: An analysis of the Japanese Adverse Drug Event Report database. Hiroyuki Tanaka, Katsuhiro Ohyama, Yui Horikomi, Toshihiro Ishii Drug discoveries & therapeutics 15(3) 150 - 155 2021年
  • Analysis of the Time-To-Onset and Factors Affecting Clinical Outcomes of Immune Reconstitution Inflammatory Syndrome in People Living with HIV Using Data from the Japanese Spontaneous Reporting Database. Hiroyuki Tanaka, Tatsuhiko Wada, Katsuhiro Ohyama, Toshihiro Ishii Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences : a publication of the Canadian Society for Pharmaceutical Sciences, Societe canadienne des sciences pharmaceutiques 24 153 - 160 2021年
  • Psoriasis associated with ACE inhibitors: an analysis of the FAERS database. K Ohyama, H Arai, M Sugiura, Y Hori Die Pharmazie 75(10) 524 - 526 2020年10月1日
  • Evaluation of syncope association with α1-adrenoceptor blockers in males using the FAERS database: impact of concomitant hypertension. K Ohyama, Y Hori, M Sugiura Die Pharmazie 74(12) 755 - 759 2019年12月1日
  • Onset time profiles for syncope associated with α1-adrenoceptor blockers in males: Analysis of a spontaneous adverse drug event database Ohyama K, Furumoto M, Sugiura M Pharmacology & pharmacy 9(12) 515 - 526 2018年12月

受賞歴

2013年09月 日本薬物動態学会 DMPK Award for the Most Frequently Cited Original Article in 2009

所属学会

日本医薬品安全性学会 , 日本医薬品情報学会 , 日本薬局学会 , 日本臨床薬理学会 , 日本薬物動態学会 , 日本医療薬学会 , 日本薬学会