研究室・教員一覧 谷口 敦彦准教授

研究者名
谷口 敦彦(タニグチ アツヒコ)
所属
薬学部 医療衛生薬学科 薬品化学教室
職位 / 学位
准教授 / 博士(薬学)
研究課題
ペプチド・タンパク質の化学構造を基盤とした治療薬及び機能分子の創製
キーワード
ペプチド科学 、 ケミカルバイオロジー 、 医薬品化学

メッセージ

創薬に興味のある方、ぜひ一緒に研究しましょう。

学歴

2005年~2009年 京都薬科大学 大学院 薬学研究科
2001年~2005年 京都薬科大学 薬学部 製薬化学科

経歴

2016/07 - 現在 東京薬科大学 講師
2012/04 - 2016/06 東京大学 JST-ERATO 金井触媒分子生命プロジェクト特任研究員
2010/04 - 2012/03 医薬品医療機器総合機構 審査専門員
2009/04 - 2010/03 京都薬科大学 日本学術振興会特別研究員(PD)
2007/04 - 2009/03 京都薬科大学 日本学術振興会特別研究員(DC1)

研究業績(論文)

  • Hamada K, Omura N, Taguchi A, Baradaran-Heravi A, Kotake M, Arai M, Takayama K, Taniguchi A, Roberge M, Hayashi Y. New Negamycin-Based Potent Readthrough Derivative Effective against TGA-Type Nonsense Mutations. ACS medicinal chemistry letters. 2019. 10. 10. 1450-1456
  • Muguruma K, Fujita K, Fukuda A, Kishimoto S, Sakamoto S, Arima R, Ito M, Kawasaki M, Nakano S, Ito S, Shimizu K, Taguchi A, Takayama K, Taniguchi A, Ito Y, Hayashi Y. Kinetics-Based Structural Requirements of Human Immunoglobulin G Binding Peptides. ACS omega. 2019. 4. 11. 14390-14397
  • Okamoto H, Taniguchi A, Usami S, Taguchi A, Takayama K, Hayashi Y. Inactivation of myostatin by photo-oxygenation using catalyst-functionalized peptides. Chemical communications (Cambridge, England). 2019. 55. 62. 9108-9111
  • Taniguchi A, Sawazaki T, Shimizu Y, Sohma Y, Kanai M. Photophysical properties and application in live cell imaging of B,B-fluoro-perfluoroalkyl BODIPYs. MedChemComm. 2019. 10. 7. 1121-1125
  • Takayama K, Asari T, Saitoh M, Nirasawa K, Sasaki E, Roppongi Y, Nakamura A, Saga Y, Shimada T, Ikeyama H, Taguchi A, Taniguchi A, Negishi Y, Hayashi Y. Chain-Shortened Myostatin Inhibitory Peptides Improve Grip Strength in Mice. ACS medicinal chemistry letters. 2019. 10. 6. 985-990

受賞歴

2017/11 日本ペプチド学会 奨励賞
2009/01 日本薬学会近畿支部 奨励賞

所属学会

日本ケミカルバイオロジー学会 , 日本ペプチド学会 , 日本薬学会