研究室・教員一覧 降幡 知巳教授

研究者名
降幡 知巳(フリハタ トモミ)
所属
薬学部 医療薬学科 個別化薬物治療学教室
職位 / 学位
教授 / 博士(薬学)
研究課題
脳疾患に対する新たな薬と治療法を創るヒト脳モデル がん型OATP1B3によるがん診断・治療法の開発

メッセージ

みなさん、いい大学に入りたいですよね?・・・ちょっと待って。「いい」って何?みなさんの中で「いい」は具体的になっていますか?偏差値だけが「いい」の基準じゃない。好きなスタイル、将来の夢、色んな角度から眺めて、自分にとって本当に「いい」大学を目指してください。それが東薬であれば、みなさんと会えることを心より楽しみにしています!

経歴

2019/04 - 現在 東京薬科大学 教授

研究業績(論文)

  • Sun Y, Piñón Hofbauer J, Harada M, Wöss K, Koller U, Morio H, Stierschneider A, Kitamura K, Hashimoto M, Chiba K, Akita H, Anzai N, Reichelt J, Bauer JW, Guttmann-Gruber C, Furihata T. Cancer-type organic anion transporting polypeptide 1B3 is a target for cancer suicide gene therapy using RNA trans-splicing technology. Cancer letters. 2018. 433. 107-116
  • Muto Y, Furihata T, Kaneko M, Higuchi K, Okunushi K, Morio H, Reien Y, Uesato M, Matsubara H, Anzai N. Different Response Profiles of Gastrointestinal Cancer Cells to an L-Type Amino Acid Transporter Inhibitor, JPH203. Anticancer research. 2019. 39. 1. 159-165
  • Otsuka Y, Furihata T, Nakagawa K, Ohno Y, Reien Y, Ouchi M, Wakashin H, Tsuruoka S, Anzai N. Sodium-coupled monocarboxylate transporter 1 interacts with the RING finger- and PDZ domain-containing protein PDZRN3. The journal of physiological sciences : JPS. 2019. 69. 4. 635-642
  • Yokobori K, Azuma I, Chiba K, Akita H, Furihata T, Kobayashi K. Indirect activation of constitutive androstane receptor in three-dimensionally cultured HepG2 cells. Biochemical pharmacology. 2019. 168. 26-37
  • Kitamura K, Ito R, Umehara K, Morio H, Saito K, Suzuki S, Hashimoto M, Saito Y, Anzai N, Akita H, Chiba K, Furihata T. Differentiated HASTR/ci35 cells: A promising in vitro human astrocyte model for facilitating CNS drug development studies. Journal of pharmacological sciences. 2018. 137. 4. 350-358

受賞歴

2015/11 日本薬物動態学会奨励賞
2013/11 千葉エリア産学官連携オープンフォーラム2013優秀発表賞
2009/11 DMPK Editors’ Award for the Most Excellent Article in 2008
2004 優秀発表賞

所属学会

日本神経化学会 , 日本癌学会 , 日本薬理学会 , 日本薬物動態学会 , 日本薬学会