研究室・教員一覧 石原 比呂之教授

研究者名
石原 比呂之(イシハラ ヒロシ)
所属
薬学部 医療薬物薬学科 創剤科学教室
職位 / 学位
教授 / 博士(薬学)
研究課題
化合物や生理活性物質の医薬品としての能力を最大限に引き出すための新たな製剤化技術の創成

メッセージ

がんや免疫疾患など、有効な治療法が確立されていない疾患の治療薬を創製するために、これまでに薬にすることが難しかった物質を使いやすい医薬品として利用するための技術が求められています。私達は薬剤学や製剤設計学を基に、薬物や生理活性物質の治療効果を最大限に引き出すことを目的に、ナノ粒子製剤などの先進的な製剤化技術の研究を進めています。

研究業績(論文)

  • PEG shedding-rate-dependent blood clearance of PEGylated lipid nanoparticles in mice: Faster PEG shedding attenuates anti-PEG IgM production. Takuya Suzuki, Yuta Suzuki, Taro Hihara, Kenji Kubara, Keita Kondo, Kenji Hyodo, Kazuto Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Ishihara International journal of pharmaceutics 588 119792 - 119792 2020年10月15日
  • Therapeutic Potential of LNP-Mediated Delivery of miR-634 for Cancer Therapy. Kentaro Gokita, Jun Inoue, Hiroshi Ishihara, Kazuyuki Kojima, Johji Inazawa Molecular therapy. Nucleic acids 19 330 - 338 2020年3月6日
  • Simulation of Stimuli-Responsive and Stoichiometrically Controlled Release Rate of Doxorubicin from Liposomes in Tumor Interstitial Fluid. Eiichi Yamamoto, Kenji Hyodo, Takuya Suzuki, Hiroshi Ishihara, Hiroshi Kikuchi, Masaru Kato Pharmaceutical research 35(5) 103 - 103 2018年3月19日
  • Biodegradable lipid nanoparticles induce a prolonged RNA interference-mediated protein knockdown and show rapid hepatic clearance in mice and nonhuman primates. Yuta Suzuki, Kenji Hyodo, Takuya Suzuki, Yohei Tanaka, Hiroshi Kikuchi, Hiroshi Ishihara International journal of pharmaceutics 519(1-2) 34 - 43 2017年3月15日
  • Structure, activity and uptake mechanism of siRNA-lipid nanoparticles with an asymmetric ionizable lipid. Yuta Suzuki, Hiroshi Ishihara International journal of pharmaceutics 510(1) 350 - 8 2016年8月20日

所属学会

日本核酸医薬学会 , 日本薬剤学会 , 日本DDS学会 , 日本薬学会