研究室・教員一覧 森尾 花恵助教

研究者名
森尾 花恵(モリオ ハナエ)
所属
薬学部 医療薬学科 個別化薬物治療学教室
職位 / 学位
助教
研究課題
難治性がんに対する個別化薬物治療のための診断・治療法の開発
キーワード
ヒト不死化細胞モデル 、がん遺伝子 、トランスポーター

メッセージ

東京薬科大学は日本最古の私立薬学教育機関であり、これまでに時代の要請に応えた多種多様なカリキュラムを揃えて多くの学生を迎え入れてきました。
臨床及び研究分野において薬学の発展に貢献するため、共に勉学に励むことができる仲間を心からお待ちしています!

学歴

2017年4月~2021年3月 千葉大学大学院 医学薬学府 先端医学薬学専攻 薬理学教室
2011年4月~2017年3月 千葉大学 薬学部 薬物学教室

経歴

2021年4月~現在 東京薬科大学 薬学部 医療薬学科 個別化薬物治療学教室 助教
2017年4月~2021年3月 千葉大学 医学薬学府 先端医学薬学専攻 薬理学教室 (医学博士)
2018年10月~2019年10月 EB-Haus Austria
2011年4月~2017年3月 千葉大学 薬学部 薬物学教室 (薬学学士)

研究業績(論文)

  • Protein kinase C activation upregulates human L-type amino acid transporter 2 function Hanae Morio, Yoshie Reien, Yuri Hirayama, Hirofumi Hashimoto, Naohiko Anzai The Journal of Physiological Sciences 71(1) 2021年12月
  • JPH203, a newly developed anti-cancer drug, shows a preincubation inhibitory effect on L-type amino acid transporter 1 function Kentaro Okunushi, Tomomi Furihata, Hanae Morio, Yasuhide Muto, Kosuke Higuchi, Meika Kaneko, Yusuke Otsuka, Yuta Ohno, Yasuhiro Watanabe, Yoshie Reien, Kiyoshi Nakagawa, Shinichi Sakamoto, Hidefumi Wakashin, Naoki Shimojo, Naohiko Anzai Journal of Pharmacological Sciences 144(1) 16-22 2020年9月
  • Different Response Profiles of Gastrointestinal Cancer Cells to an L-Type Amino Acid Transporter Inhibitor, JPH203 YASUHIDE MUTO, TOMOMI FURIHATA, MEIKA KANEKO, KOSUKE HIGUCHI, KENTARO OKUNUSHI, HANAE MORIO, YOSHIE REIEN, MASAYA UESATO, HISAHIRO MATSUBARA, NAOHIKO ANZAI Anticancer Research 39(1) 159-165 2019年1月
  • Synthesis of novel benzbromarone derivatives designed to avoid metabolic activation Tomoyuki Ohe, Ryutaro Umezawa, Yumina Kitagawara, Daisuke Yasuda, Kyoko Takahashi, Shigeo Nakamura, Akiko Abe, Shuichi Sekine, Kousei Ito, Kentaro Okunushi, Hanae Morio, Tomomi Furihata, Naohiko Anzai, Tadahiko Mashino Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 28(23-24) 3708-3711 2018年12月
  • Cancer-type organic anion transporting polypeptide 1B3 is a target for cancer suicide gene therapy using RNA trans -splicing technology Yuchen Sun, Josefina Piñón Hofbauer, Manami Harada, Katharina Wöss, Ulrich Koller, Hanae Morio, Anna Stierschneider, Keita Kitamura, Mari Hashimoto, Kan Chiba, Hidetaka Akita, Naohiko Anzai, Julia Reichelt, Johann W. Bauer, Christina Guttmann-Gruber, Tomomi Furihata Cancer Letters 433 107-116 2018年10月

所属学会

日本薬理学会 ,日本癌学会 ,日本分子生物学会 ,日本薬物動態学会