研究室・教員一覧 奥山 勝揮助教

研究者名
奥山 勝揮(オクヤマ カツキ)
所属
薬学部 医療衛生薬学科 生化学教室
職位 / 学位
助教 / 博士(薬学)
研究課題
皮膚老化およびリンパ浮腫の病態解明/リンパ管形成機構解明
キーワード
生化学 、 皮膚科学 、 細胞外マトリックス 、 皮膚老化 、 脂質メディエーター 、 リンパ管新生

メッセージ

“楽しい事”や“面白い事”を追及する場所が大学です。そんな“楽しい事”や“面白い事”を追及し、研究成果を上げて社会貢献で人の役に立てるのであれば“幸い”と私は考えています。東京薬科大学は充実した教育・研究設備が整っていますので、是非色々なことに一緒に挑戦してみませんか?

学歴

2018年4月 - 2022年3月 東京薬科大学 薬学研究科 薬学専攻
2012年4月 - 2018年3月 東京薬科大学 薬学部 医療衛生薬学科

経歴

2022年4月 - 現在 東京薬科大学 薬学部 医療衛生薬学科 助教

研究業績(論文)

  • Molecular mechanisms of cyclic phosphatidic acid-induced lymphangiogenic actions in vitro. Katsuki Okuyama, Koji Mizuno, Keisuke Nittami, Hiroaki Sakaue, Takashi Sato Microvascular research 139 104273-104273 2022年1月
  • Lysophosphatidic Acid Augments the Gene Expression and Production of Matrix Metalloproteinases-1 and -3 in Human Synovial Fibroblasts in Vitro. Koji Mizuno, Michika Komiya, Katsuki Okuyama, Keisuke Imada, Takashi Sato Biological & pharmaceutical bulletin 44(1) 131-135 2021年
  • Antineuropathic pain actions of Wu-tou decoction resulted from the increase of neurotrophic factor and decrease of CCR5 expression in primary rat glial cells. Qiuyan Guo, Koji Mizuno, Katsuki Okuyama, Na Lin, Yanqiong Zhang, Hideki Hayashi, Norio Takagi, Takashi Sato Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie 123 109812-109812 2020年3月
  • Involvement of Catechols in Acteoside in the Activation of Promatrix Metalloproteinase-2 and Membrane Type-1-Matrix Metalloproteinase Expression via a Phosphatidylinositol-3-Kinase Pathway in Human Dermal Fibroblasts. Nan Si, Hajime Kanazawa, Katsuki Okuyama, Keisuke Imada, Hongjie Wang, Jian Yang, Haiyu Zhao, Baolin Bian, Akira Ito, Takashi Sato Biological & pharmaceutical bulletin 41(10) 1530-1536 2018年

所属学会

日本薬学会