研究室・教員一覧 玉腰 雅忠准教授

研究者名
玉腰 雅忠(タマコシ マサタダ)
所属
生命科学部 RI共同実験室
職位 / 学位
准教授 / 博士(工学)
研究課題
極限環境生物の生体分子に関する研究
キーワード
好熱菌ファージ 、 好熱菌 、 分子進化工学

メッセージ

ある線量を超える放射性物質を取り扱う場合、国の定める基準を満たす、特別な施設の中で実験しなければなりません。私はその施設の管理を行っています。一方、ヒトなら火傷をする程の高温で活発に増える生物、あるいはヒトなら死んでしまうほどの放射線に耐える生物について研究しています。なぜそのような極限環境でも生きていけるのか、そしてそのしくみを何かに利用できないか、と日々考えています。

学歴

- 1989 東京大学 工学部 工業化学
- 1992 東京工業大学 総合理工学研究科 生命化学

経歴

1992/04 - 1995/03 東レ株式会社
1995/04 - 2006/01 東京薬科大学 助手
2006/02 - 2007/03 東京薬科大学 助教授
2007/01 - 2013/03 理化学研究所 客員研究員
2007/04 - 現在 東京薬科大学 准教授

研究業績(論文)

  • Tree of motility - A proposed history of motility systems in the tree of life. Makoto Miyata, Robert C Robinson, Taro Q P Uyeda, Yoshihiro Fukumori, Shun-Ichi Fukushima, Shin Haruta, Michio Homma, Kazuo Inaba, Masahiro Ito, Chikara Kaito, Kentaro Kato, Tsuyoshi Kenri, Yoshiaki Kinosita, Seiji Kojima, Tohru Minamino, Hiroyuki Mori, Shuichi Nakamura, Daisuke Nakane, Koji Nakayama, Masayoshi Nishiyama, Satoshi Shibata, Katsuya Shimabukuro, Masatada Tamakoshi, Azuma Taoka, Yosuke Tashiro, Isil Tulum, Hirofumi Wada, Ken-Ichi Wakabayashi Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 25(1) 6 - 21 2020年1月
  • Cryo em structure of intact rotary H+-ATPase/synthase from Thermus thermophilus Atsuko Nakanishi, Jun-Ichi Kishikawa, Masatada Tamakoshi, Kaoru Mitsuoka, Ken Yokoyama Nature Communications 9(1) 89 2018年12月1日
  • 極限環境生物とバイオテクノロジー 玉腰 雅忠 バイオテクニシャン 25 3 - 7 2017年
  • The Ingenious Structure of Central Rotor Apparatus in VoV1; Key for Both Complex Disassembly and Energy Coupling between V-1 and V-o Atsuko Nakanishi, Jun-ichi Kishikawa, Masatada Tamakoshi, Ken Yokoyama PLOS ONE 10(3) e0119602 2015年3月
  • Molecular Basis of ADP Inhibition of Vacuolar (V)-type ATPase/Synthase Jun-ichi Kishikawa, Atsuko Nakanishi, Shou Furuike, Masatada Tamakoshi, Ken Yokoyama JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 289(1) 403 - 412 2014年1月

研究業績(著書)

  • Extremophiles Handbook Springer
    2010 ISBN:978-4-431-53897-4
  • 技術予測レポート2023 日本能率協会総合研究所
    2013 ISBN:4902975718

受賞歴

2006 東京薬科大学 水島昭二記念研究賞

所属学会

日本生化学会 , 日本分子生物学会 , 日本蛋白質科学会 , 極限環境生物学会