研究室・教員一覧 福田 敏史講師

研究者名
福田 敏史(フクダ トシフミ)
所属
生命科学部 生命医科学科 分子生化学研究室
職位 / 学位
講師 / 博士(医学)
研究課題
精神疾患と「こころ」の理解を目指しています。
キーワード
CAMDI 、 自閉症 、 微小管 、 アクチン 、 HDAC6 、 精神疾患 、 中心体 、 大脳皮質 、 神経細胞移動 、 包括脳ネットワーク

メッセージ

未知の課題について深く考え、本質を理解していきたいと思います。
人類の知的財産に貢献する学問を、是非一緒に楽しみましょう。

学歴

2002 名古屋大学 博士(医学)

 

経歴

2002年04月~ 名古屋大学大学院医学系研究科 研究員
2003年05月~ 東北大学加齢医学研究所 研究員
2003年10月~ 東北大学加齢医学研究所 助手
2006年04月~ 東京薬科大学生命科学部 助手
2007年07月~ 東京薬科大学生命科学部 助教
2011年04月~ 東京薬科大学生命科学部 講師

研究業績(論文)

  • Fukuda T, Yanagi S. Psychiatric behaviors associated with cytoskeletal defects in radial neuronal migration. Cellular and molecular life sciences : CMLS. 2017. 74. 19. 3533-3552
  • Nagashima S, Takeda K, Ohno N, Ishido S, Aoki M, Saitoh Y, Takada T, Tokuyama T, Sugiura A, Fukuda T, Matsushita N, Inatome R, Yanagi S. MITOL deletion in the brain impairs mitochondrial structure and ER tethering leading to oxidative stress. Life science alliance. 2019. 2. 4
  • Fukuda T, Nagashima S, Abe T, Kiyonari H, Inatome R, Yanagi S. Rescue of CAMDI deletion-induced delayed radial migration and psychiatric behaviors by HDAC6 inhibitor. EMBO reports. 2016. 17. 12. 1785-1798
  • Takeda K, Nagashima S, Shiiba I, Uda A, Tokuyama T, Ito N, Fukuda T, Matsushita N, Ishido S, Iwawaki T, Uehara T, Inatome R, Yanagi S. MITOL prevents ER stress-induced apoptosis by IRE1α ubiquitylation at ER-mitochondria contact sites. The EMBO journal. 2019
  • Homma M, Nagashima S, Fukuda T, Yanagi S, Miyakawa H, Suzuki E, Morimoto T. Downregulation of Centaurin gamma1A increases synaptic transmission at Drosophila larval neuromuscular junctions. The European journal of neuroscience. 2014. 40. 8. 3158-3170

研究業績(著書)

  • 免疫実験ハンドブック
    名古屋大学出版会 2006 ISBN:4-8158-0536-9

所属学会

日本分子生物学会 , 日本神経科学学会 , 北米神経科学会