研究室・教員一覧 梅村 真理子講師

研究者名
梅村 真理子(ウメムラ マリコ)
所属
生命科学部 応用生命科学科 環境応用動物学研究室
職位 / 学位
講師 / 博士(農学)
研究課題
ストレスなどの外部刺激に応答するタンパク質の機能を解析しています。特に脳を用いて解析することにより、将来的には発達障害や精神疾患の原因解明に役立てたいと思っています。
キーワード
ストレス応答 、 脳・神経 、 マウス 、 転写因子 、 脳神経疾患 、 包括脳ネットワーク

メッセージ

楽しく生命科学を学びましょう。

経歴

2018年04月~現在 東京薬科大学 講師
2008年06月~2018年03月 東京薬科大学 助教
2008年06月 産業技術総合研究所 つくば中央第六 特別研究員

研究業績(論文)

  • Nakano H, Iida Y, Murase T, Oyama N, Umemura M, Takahashi S, Takahashi Y. Co-expression of C/EBPγ and ATF5 in mouse vomeronasal sensory neurons during early postnatal development. Cell and tissue research. 2019
  • Yoko-O T, Komatsuzaki A, Yoshihara E, Umemura M, Chiba Y. Mating type switching, formation of diploids, and sporulation in the methylotrophic yeast Ogataea minuta. Journal of bioscience and bioengineering. 2019. 127. 1. 1-7
  • Yoko-O T, Umemura M, Komatsuzaki A, Ikeda K, Ichikawa D, Takase K, Kanzawa N, Saito K, Kinoshita T, Taguchi R, Jigami Y. Lipid moiety of glycosylphosphatidylinositol-anchored proteins contributes to the determination of their final destination in yeast. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2018. 23. 10. 880-892
  • Umemura M, Ogura T, Matsuzaki A, Nakano H, Takao K, Miyakawa T, Takahashi Y. Comprehensive Behavioral Analysis of Activating Transcription Factor 5-Deficient Mice. Frontiers in behavioral neuroscience. 2017. 11. 125
  • Yun YS, Tajima M, Takahashi S, Takahashi Y, Umemura M, Nakano H, Park HS, Inoue H. Two Alkaloids from Bulbs of Lycoris sanguinea MAXIM. Suppress PEPCK Expression by Inhibiting the Phosphorylation of CREB. Phytotherapy research : PTR. 2016. 30. 10. 1689-1695

受賞歴

2008/03 - 筑波大学大学院 生命環境科学研究科長賞

所属学会

日本生化学会 , 日本神経科学学会