研究室・教員一覧 井上 弘樹講師

研究者名
井上 弘樹(イノウエ ヒロキ)
所属
生命科学部 生命医科学科 分子細胞生物学研究室
職位 / 学位
講師 / 博士(工学)
研究課題
がん細胞における浸潤転移の分子細胞生物学 皮膚色素細胞におけるメラニン色素胞形成の分子細胞生物学
キーワード
がん 、 浸潤転移 、 小胞輸送 、 細胞骨格 、 メラノソーム 、 生化学 、 細胞生物学 、 分子生物学

メッセージ

東京薬科大学・生命科学部は、本当の意味で最先端の生命科学研究・基礎医学研究ができる数少ない大学の一つです。最高の研究環境で一緒に研究しましょう。研究は厳しいけれど、本気で取り組めば、本当に面白いですよ。
同時に、大学は勉強するだけのところではありません。高校生までと違って、自分で考え、自分の興味に従って、いろいろなことに挑戦してください。

学歴

1997年

岡山大学 自然科学研究科 生物資源科学

1992年

岡山大学 工学部 生物応用工学

経歴

2008年~現在 東京薬科大学 講師
2004年~2008年 米国衛生研究所 博士研究員
1998年~2004年 大阪大学 助手
1997年~1998年 岡山大学 助手

研究業績(論文)

  • 1. Miyagawa, T.,* Hasegawa, K.,* Aoki, Y.,* Watanabe, T.,* Otagiri, Y., Arasaki, K., Wakana, Y., Asano, K., Tanaka, M., Yamaguchi, H., Tagaya, M. and Inoue, H. MT1-MMP recruits the ER-Golgi SNARE Bet1 for efficient MT1-MMP transport to the plasma membrane. Journal of Cell Biology. 2019. 218. 10. 3355-3371
  • Sugo M, Kimura H, Arasaki K, Amemiya T, Hirota N, Dohmae N, Imai Y, Inoshita T, Shiba-Fukushima K, Hattori N, Cheng J, Fujimoto T, Wakana Y, Inoue H, Tagaya M. Syntaxin 17 regulates the localization and function of PGAM5 in mitochondrial division and mitophagy. The EMBO journal. 2018. 37. 21
  • Arasaki K, Nagashima H, Kurosawa Y, Kimura H, Nishida N, Dohmae N, Yamamoto A, Yanagi S, Wakana Y, Inoue H, Tagaya M. MAP1B-LC1 prevents autophagosome formation by linking syntaxin 17 to microtubules. EMBO reports. 2018. 19. 8
  • Arasaki K, Mikami Y, Shames SR, Inoue H, Wakana Y, Tagaya M. Legionella effector Lpg1137 shuts down ER-mitochondria communication through cleavage of syntaxin 17. Nature communications. 2017. 8. 15406
  • Inoue, H., Tani, K. and Tagaya, M. SNARE-associated proteins and receptor trafficking. Receptors & Clin. Investg. 2016. 3. e1377

研究業績(著書)

  • ノックアウトマウス・データブック 野口茂,平井久丸編
    中山書店 1997
  • 生体エネルギー・光合成
    廣川書店 2004
  • Phospholipases in Health and Disease" Series: Advances in Biochemistry in Health and Disease
    Springer Science 2014

受賞歴

2019/06 - がん分子標的治療学会 優秀ポスター賞

所属学会

日本がん分子標的治療学会 , 日本生化学会 , 日本分子生物学会